バーチャル・ウォーズ2

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

L.A.。巨大ハイテク企業、ヴァーチャル・ライト社。VRによって莫大な知識と超能力を得た青年ジョーブ(マット・フリューワー)は、電脳空間に君臨する悪魔として再生した……数年後。飛躍的にコンピューター化された未来都市となったL.A.。ジョーブは社長ジョナサン・ウォーカー(ケヴィン・コンウェイ)から、インターネットによる世界支配が実現可能な集積回路カイロン・チップを入手した。ジョーブはその開発者のベンジャミン・トレイス(パトリック・バーギン)を探し当て、“エジプト”なる暗号の秘密を尋ねたが、トレイスに断わられ激怒。インターネットを駆使して攻撃を開始する。トレイスは元恋人でジョーブを再生させた張本人のプラット博士(キャミル・クーパー)の協力を得て研究所に侵入し、カイロン・チップを取り戻そうとするが、怒れるジョーブの魔手は社長のウォーカーはじめ邪魔者を抹殺、社会を混乱に叩き込む。決心したトレイスはサイバースペース上に自身も乗り込み、ジョーブと激闘の末相手を倒すのだった。


解説

仮想体験(VR)が創造した電脳空間が生んだ悪魔と科学者の闘争を描くSFアクション。モダン・ホラーの巨匠スティーヴン・キング原作の「バーチャル・ウォーズ」と直接関係はなく、続編ではない。監督・脚本はテレビ・シリーズ『マックス・ヘッドルーム』のパイロット版を手がけたファラッド・マン。原案はマンと「ロボコップ」のマイケル・マイナーの共同。製作は「ハウリング」シリーズのエドワード・シモンズと「ハード・ウェイ」のキース・フォックス、エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴ・レーン、ロバート・ブリングル、ピーター・マクレー、クライヴ・ターナー、アブラム・ブッチ・カプラン、撮影は「ラスト・ボーイスカウト」のワード・ラッセル。音楽は「トレマーズ」のロバート・フォークがスコアを書き、音楽監修を「JM」のアニタ・キャマラタが手がけた。美術はアーネスト・ロス、編集はジョエル・グッドマン、衣裳はデボラ・エヴァートン。デジタル視覚効果は「ウォーターワールド」のシネサイト社、実写用ミニチュアは「スピード」のセッサッムズ・エンジニアリング社がそれぞれ担当。出演は「愛がこわれるとき」のパトリック・バーギン、「マックス・ヘッドルーム」のマット・フリューワーほか。


配給日本ヘラルド映画配給(フジクリエイティブコーポレーション=日本ビクター=エスピーオー提供)
制作国アメリカ (1996)
ジャンル 

1996年11月16日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕
視覚効果

キャスト

俳優名役名
パトリック・バーギン (Patrick Bergin)Dr. Benjamin Trace
マット・フルーワー (Matt Frewer)Jobe
オースティン・オブライエン (Austin O'Brien)Peter
エリ・プージェ (Ely Pouget)Cori
キャミル・クーパー (Camille Cooper)Jennifer
パトリック・ラブレック (Patrick LaBrecque)Shawn
クリスタル・セレステ・グラント (Crystal Celeste Grant)Jade
ケヴィン・コンウェイ (Kevin Conway)Walker
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック