モータル・コンバット

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

弟を何者かに殺された夢を見た中国人武道家のリュウ・カン(ロビン・ショウ)は故郷に戻り、そこで伝説の格闘神ライデン(クリストファー・ランバート)と出会い、香港で開かれる格闘技トーナメントに出場しろと言われる。一方、ハリウッドのアクション・スター、ジョニー・ケイジ(リンデン・アシュビー)も今以上に名声を得るため、大会に出場を決意。そして、犯罪組織の幹部・カノウを追う女捜査官のソニア(ブリジット・ウィルソン)もまた、香港を訪れていた。運命の糸にたぐりよせられるように3人は、トーナメントを主催する謎の人物、シャン・ツン(ケイリー・ヒロユキ・タガワ)の船に乗り込む。リュウは弟を殺した仇がシャン・ツンであることを知り、ソニアもカノウのボスが、この男だったことを知る。3人は、再び現れたライデンからこのトーナメント、伝説の格闘技大会″モータル・コンバット″の真相を聞く。それは地球の格闘戦士と、シャン・ツンの操る暗黒世界の邪悪な戦士の戦いの宴であった。シャン・ツンはこれまで9回の戦いに勝利し、次にもし地球の戦士が敗れたら、この世界は永遠に魔界のものになってしまう。選ばれし3人の戦士は大会での勝利を誓い、絶海の孤島に到着した。3人はカノウや4本腕の巨人ゴローといった強敵を次々と粉砕。シャン・ツンに滅ぼされた魔界の一族の生き残り、キタナ(タリサ・ソト)の協力を得て、リュウはついにシャン・ツンを倒した。勝利に沸くライデンと4人の戦士の前に魔王が出現したが、戦士たちは雄々しく立ち向かう。


解説

悪の帝王が主催する格闘技大会に出場した、3人の超人的な格闘家の活躍を描いたSFXアクション。全世界で1千万本以上を売り上げた同名の人気ゲーム・ソフトを、CGや特殊メイクなどのSFXを駆使して映画化。斬新なビジュアル・センスを見せた監督は、「ショッピング」の英国人監督ポール・アンダーソン。脚本はTVシリーズ『ハイランダー』(日本ではビテオ発売のみ)を手がけた後、本作が初の劇場用映画となるケヴィン・ドロニー。製作は「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のローレンス・カサノフ、エクゼクティヴ・プロデューサーは「マスク」のボブ・エンゲルマンと、タニー・サイモン、撮影は「暗殺者」のジョン・R・レオネッティ、美術はジョナサン・カールソン、編集は「カリフォルニア」のマーティン・ハンター。音楽は「地獄のヒーロー5」のジョージ・S・クリントン、音楽スーパーバイザーは「羊たちの沈黙」のシャロン・ボイルが務め、テクノ、アンビエントからハードロック系まで多彩なアーティストの曲が全編に流れる。特殊視覚効果(製作補も)を「ターミネーター2」「シャドー」の女性SFXアーティスト、アリソン・サヴィッチが担当。出演は「ハンテッド」のクリストファー・ランバート、「カジノ・レイダース」の香港出身のアクション俳優ロビン・ショウ、「サロゲート・マザー」のブリジット・ウィルソン、「ザ・デンジャラス 地獄の銃弾」のケイリー・ヒロユキ・タガワほか。


配給ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ(ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ=ケイエスエス=テレビ東京提供)
制作国アメリカ (1995)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1996年03月23日より



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
音楽監修
編集
衣装デザイン
字幕
特殊メイク
特殊効果
スタント・コーディネーター

キャスト

俳優名役名
クリストファー・ランバート (Christopher Lambert)Lord Rayden
ロビン・ショウ (Robin Shou)Liu Kang
リンデン・アシュビー (Linden Ashby)Johnny Cage
ケリー・ヒロユキ・タガワ (Cary Hiroyuki Tagawa)Shang Tsung
ブリジット・ウィルソン・サンプラス (Bridgette Wilson-Sampras)SonyaBlade
タリサ・ソト (Talisa Soto)Kitana
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック