姓はヴェト、名はナム

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。


解説

男尊女卑社会であるヴェトナムにおける女性史を綴ったドキュメンタリー。監督・構成・編集・翻訳はトリン・T・ミンハ。ヴェトナムにおける女性の抵抗の歴史、その民衆史に描かれた口承伝統、マス・メディアのイメージなどを通して、ヴェトナムと文化の様相を描いている。 ポスト・フェミニズム、ポスト・コロニアリズム(植民地主義)の第一人者にして女流映画作家のトリン・T・ミンハ(53年ベトナム、ハノイ生)作品の特集で上映された。東京写真美術館で開催された現代女性作家展『ジェンダー/記憶の淵から』(1996年9月5日〜10月27日)関連企画で、新しい試みとして写真と映画が同一枠で展覧・上映された。


配給
制作国アメリカ (1989)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1996年10月11日より



スタッフ

監督
構成
翻訳
撮影
編集
アソシエイト・プロデューサー
字幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック