Mバタフライ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1964年、北京。フランス大使館の外交官ルネ・ガリマール(ジェレミー・アイアンズ)は、ある夜会で『蝶々夫人』の公演を見た時、舞台の主演女優ソン・リン(ジョン・ローン)に釘付けとなる。彼女の出演する京劇を見に出かけた彼は、やがてミステリアスな魅力の彼女に恋する。彼にとってソンは″バタフライ″だった。折しも最近の仕事ぶりが評価され、ガリマールは副領事に抜擢され、公私ともに充実した日々が続いた。だが、実はソンは京劇俳優として堕落の罪に問われ、償いとして女に変装して彼に近づき、大使館の情報をスパイしていた男だった。ガリマールに妊娠を告げたソンは、同志チンに赤ん坊の手配を頼む。混血の赤ん坊を抱いたソンの姿を見た時ガリマールは結婚してパリで暮らそうと言うが、彼女は首を横に振り、まもなく近衛兵に連れ去られる。情勢判断のミスで降格され帰国したガリマールは妻(バーバラ・スコヴァ)とも別れ、一人で暮らしていた。1968年のある日、ソンが再び彼の前に現われた。ソンに頼まれ、機密文書を扱う配達員となったガリマールはスパイ容疑で逮補される。護送車の中で本来の男性の姿に戻ったソンはガリマールと向き合い、全裸になって彼に愛を告白する。だが、ガリマールは「私が愛したのはおまえの幻だった」と言う。刑務所のステージで『蝶々夫人』をバックに流して白塗りの化粧を施し、ガリマールは独白しながら自殺した。


解説

フランスの外交官とその中国人の愛人の数奇な恋を、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』になぞらえて描いた異色のラブ・ストーリー。ブロードウエイでトニー賞に輝き、世界30カ国以上で上演されたデイヴィッド・へンリー・ホァングの戯曲(実話に基づく)を彼自身が脚色、「裸のランチ」のデイヴィッド・クローネンバーグの監督で映画化。製作はガブリエラ・マーティネリ、エグゼクティヴ・プロデユーサーは、原作者とフィリップ・サンド・ハウスの共同。撮影は「戦慄の絆」のピーター・サシツキー、音楽は「ザ・ブルード」以来、監督と7作目のコンビとなるハワード・ショア。美術は『ファイヤーボール』(V)以後の監督の全作品を担当しているキャロル・スピアー。編集のロナルド・サンダースと衣装のデニーズ・クローネンバーグも監督の作品の常連。主演は「戦慄の絆」「ダメージ」のジェレミー・アイアンズと「ラストエンペラー」「チャイナシャドー」のジョン・ローン。共演は「シシリアン」のバーバラ・スコヴァ、「遠い夜明け」のイアン・リチャードソンほか。


配給ワーナー・プラザース
制作国アメリカ (1993)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1994年04月23日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジェレミー・アイアンズ (Jeremy Irons)Rene Gallimard
ジョン・ローン (John Lone)Song Liling
バーバラ・スコヴァ (Barbara Sukowa)Jeanne Gallimard
イアン・リチャードソン (Ian Richardson)Ambassador Toulon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック