ジェロニモ(1993)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1885年。合衆国陸軍に抵抗していた最後のアパッチ族が降伏し、リーダーのジェロニモ(ウェス・ステューディ)をゲイトウッド中尉(ジェイソン・パトリック)と士官学校を出たてのデイヴィス少尉(マット・ダモン)が護送した。彼らは砂漠を旅するうちに、威厳と誇りに満ちたジェロニモに対して理解と友情を覚える。途中、アパッチの身柄引き渡しを要求する警察の一隊を追い払ったゲイトウッドは、ジェロニモと友情の証として双眼鏡とトルコ石を交換する。20年近くに渡り、アパッチとの戦いの指揮をとってきたクルック准将(ジーン・ハックマン)は、礼節をもってジェロニモを迎えた。500人のアパッチ族が軍の保護・監視の下に、保留地で農耕生活を送るようになった。半年後、些細な事から軍が武力で制圧しようとし、暴動が発生。騒ぎの中、ジェロニモは仲間たちと逃走する。ジェロニモは古老の要求を受け入れてクルックと会見したが、白人に故郷を奪われる理不尽を訴え、徹底抗戦を主張する。クルックは責任をとり辞任する。後任のマイルズ准将(ケヴィン・タイ)は、ゲイトウッドに空手形の約束で交渉に当たるよう命じる。彼はデイヴィスや、長年ジェロニモ追撃に執念を燃やしてきたベテラン偵察隊長のシーバー(ロバート・デュヴァル)、アパッチ族のチャト(スティーヴ・リーヴス)らを伴って追撃する。途中、アパッチを惨殺していた賞金稼ぎの一団と遭遇し、シーバーは皮肉にもアパッチのチャトを救おうとして命を落とす。ゲイトウッドはメキシコでジェロニモと会い、彼の要求を飲んで34人のアパッチは降伏した。だが、ゲイトウッドは僻地に左遷され、デイヴィスは国家に幻滅して除隊する。収容所に移送されるジェロニモは、民族が今滅びようとしていることを知った。


解説

合衆国騎兵隊を相手に抵抗した伝説のアパッチ族の戦士ジェロニモの人間像を描き、アメリカの歴史の暗部に光を投げかけた西部劇。名作「駅馬車(1939)」をはじめ、過去16作で描かれてきたジェロニモ像と異なり、誇り高く時に猛々しい戦士として描いた点が注目される。「ビッグ・ウェンズデー」などの監督作で知られるジョン・ミリアスの原案を彼自身とラリー・グロスが脚色し、「トレスパス」のウォルター・ヒルが監督。製作はヒルとニール・カントン。撮影にロイド・エイハーン、音楽に監督と8度目のコンビとなるライ・クーダー、編集にフリーマン・デイヴィス、衣装にダン・ムーアと、ヒル作品の常連スタッフ揃い。出演は「ラスト・オブ・モヒカン」のウェス・ステューディ、「アフター・ダーク」のジェイソン・パトリック、「青春の輝き」のマット・ダモンらに加え、ロバート・デュヴァルとジーン・ハックマンのベテラン勢が共演。


配給コロンビア・トライスター映画
制作国アメリカ (1993)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1994年05月21日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
ジェイソン・パトリック (Jason Patric)Lt. Charles Gatewood
ジーン・ハックマン (Gene Hackman)Brig. Gen. George Crook
ロバート・デュヴァル (Robert Duvall)Al Sieber
ウェス・ステューディ (Wes Studi)Geronimo
マット・デイモン (Matt Damon)Lt. Britton Davis
ロドニー・A・グラント (Rodney A. Grant)Mangas
ケヴィン・タイ (Kevin Tighe)Brig. Gen. Nelson Miles
スティーヴ・リーヴス (Steve Reeves)Chato
ベス・グラント (Beth Grant)Helen
Hawthorne James (Hawthorne James)Sam
Carlos Carrasco (Carlos Carrasco)Ortiz
David Kriegel (David Kriegel)Terry
Natsuko Ohama (Natsuko Ohama)Mrs. Kamino
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック