白い町で

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

貨物船の機関室で働く機関員ポール(ブルーノ・ガンツ)は、船が停泊した白い町リスボンに降り立った。くすんだ白壁と階級の町に魅せられたポールは、とあるバーに入った。そのバーで手伝いをしている女ローザ(テレサ・マドルーガ)と気の合った彼は、早速、バーの上のホテルに部屋を取ることに決め、リスボンの夜を遊んだ。昼間はホテルのメイドも兼ねているローザとは、いつの間にか愛し合うようになった。ポールはハーモニカを吹き、カセット音楽で踊り、8ミリを回す他には何もしない。ある晩、街のビリヤード場からの帰り道、ポールは二人組のチンピラに襲われ財布を盗まれてしまう。一方、スイスにいる妻のエリザ(ユリア・フォンダリン)の許には、ポールが撮った8ミリが送られてくる。「二人の女を愛している」と書かれた手紙に不安を感じるエリザ。お金に困り腕時計を売り払ったその後で、金を盗んだチンピラを見つけた彼は、しかし逆に胸を刺されてしまった。病院からホテルに帰ると、ローザはフランスに去った後だった。ホテルの主人や彼女の両親にも尋ねたがローザの居所はわからない。孤独の身となったポールは、酒を飲んでは町をうろついた。エリザも切実な手紙を送ってくる。「戻ってくるならいますぐ帰って。そうでなければ帰らないで−−」。エリザの手紙に刺激されて汽車に乗るポール。スイスへ向かうその汽車の中で、ポールは二人の女と向かい合せになる。ポールの目に若く美しい女の顔が焼きつくのだった……。


解説

リスボンの港に降りた機関員がそのまま町に居つく姿を描く。製作・脚本はパウロ・ブランコとアラン・タネール、監督・脚本は「光年のかなた」のアラン・タネール、撮影はアカシオ・デ・アルメイダ、音楽はジャン・リュック・バルビエ、編集はローラン・ユレールが担当。出演はブルーノ・ガンツ、テレサ・マドルーガ、ユリア・フォンダリンなど。


配給シネセゾン
制作国スイス ポルトガル (1983)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1986年02月01日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
ブルーノ・ガンツ (Bruno Ganz)Paul
テレサ・マドルーガ (Teresa Madruga)Rosa
ユリア・フォンダリン (Julia Vonderlinn)Elsa
Jose Carvalho (Jose Carvalho)Master of Bar
Francisco Baiao (Francisco Baiao)Thief with Knife
Jose Wallenstein (Jose Wallenstein)Another Thief
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック