霊幻道士

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大富豪のヤンに先代主人の改葬を頼まれた道士(林正英/ラム・チェンイン)は、その墓を掘りおこして、ヤンに誤った方法で埋葬してあるので成仏できないばかりか、キョンシーになる恐れがあると警告する。そこで死体を一時預るが、道士の弟子のモン(許冠英/リッキー・ホイ)とチュウ(銭小豪/チン・シュウホウ)がマジナイをしたが、それでもキョンシーとなり、こともあろうに息子のヤンを殺して逃げた。殺人事件発生とあって、町の保安隊長ウェイ(樓南光/ビリー・ロウ)が駆けつけて来た。彼はヤンの一人娘ティンティン(李賽鳳/ムーン・リー)のいとこであり、彼女にゾッコン。一方、モンとチュウもティンティンに夢中だから事は少々ややこしい。ウェイは彼女の前でカッコイイところを見せるために、道士を犯人に仕立て拘留したが、死んだ筈のヤンはキョンシーの毒でバンバンシーとなって大暴れ。ついにウェイは道士を釈放して退治するように頼む。バンバンシーをあの手この手で封じ込めたものの、今度はその元祖キョンシーが大暴れ、町を大混乱に落とし入れた。一方キョンシーに傷つけられたモンは刻々とその毒におかされつつある。しかも特効薬のモチ米を買いにいったチュウは、霊女シャンシー(王小鳳/ポーリン・ウォン)にとり憑かれてメロメロ。やがて、迫りくるキョンシーと道士の凄絶な戦いが始まったが、道士の必殺技がキョンシーの息の根をとめた。


解説

中国の代表的な妖怪であるキョンシーと妖怪始末のエキスパート霊幻道士の死闘を描くクンフー・ホラー。エグゼキュティヴ・プロデューサーは洪金寶(サモ・ハン・キンポー)。製作は何冠昌(レナード・ホウ)と鄒文懐(レイモンド・チョウ)、監督は劉觀偉(リッキー・リュウ)、曾志偉(エリック・ツァン)と黄炳耀(バリー・ウォン)の原案を司徒卓漢(シトー・ヒーフォン)が脚色。SFX総指揮は陳秀能(チェン・シャウナン)が担当。出演は林正英(ラム・チェンイン)ほか。


配給東宝東和
制作国香港 (1985)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1986年04月26日より



スタッフ

監督
脚色
原案
製作総指揮
製作
特殊効果
スタント・コーディネーター
字幕

キャスト

俳優名役名
ラム・チェンイン (Lam Ching Ying)霊幻道士コウ
リッキー・ホイ (Ricky Hui)弟子モン
チン・シュウホウ (Chin Siu Hou)同チュウ
ムーン・リー (Moon Lee)ティンティン
ポーリン・ウォン霊女シャンシー
ビリー・ラウ (Billy Lau)保安隊長ウェイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック