ジャンヌ・モローの思春期

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

戦争の影が忍び寄る1939年7月、マリー(レティシア・ショヴォー)はいつもの夏と同じように父ジャン(ジャック・ヴェベール)とオランダ人の母エヴァ(エディット・クレヴェール)に連れられて、祖母(シモーヌ・シニョレ)が待つフランス中部の小さな村へ夏休みを過ごしに出かけた。厳しいが心やさしい祖母、美しい風景は変わらなかったが、大人に近づきつつあるマリーは、私生児を生んだ村の女のことや、パリから来たという若くハンサムな医者アレクサンドル(フランシス・ユステール)が気になって仕方がない。村に着いて数日後、マリーは生理を体験、恐怖のためにその夜は祖母にしっかり抱いてもらって眠りについた。台頭しつつあるファシズムの恐怖をいつも身近に感じているユダヤ人のアレクサンドルとマリーの母親エヴァはいつしかただならぬ仲となってしまう。ある時、マリーは森の中でしっかりと抱き合う二人の姿を見てショックを受けるが、そのためにギクシャクした両親の愛を元に戻さなければと、魔女のオーギュスタに頼んで仲直り媚薬を調合してもらい、村の祭の夜、ひそかにワインに混ぜて父と母にに飲ませた。数日後、村のダンス・パーティにアレクサンドルが姿を見せ、無理矢理エヴァと踊ったが、ジャンはアレクサンドルに激しいパンチを喰らわせた。翌日、ラジオはドイツの宣戦布告を報じた。バカンスも終って、マリーはゆっくりと大人への道を歩み始めていた。


解説

第二次大戦が始まる直前のフランスの小さな村を舞台に、少女の初恋と成長を描くジャンヌ・モローの監督第2作。第1回東京国際映画祭・国際女性映画週間出品作品。製作はフィリップ・デュサール。脚本・脚色・台詞はアンリエット・ジェネリックとモローの共同。撮影はピエール・ゴタール、ジルベール・デュアド、音楽はフィリップ・サルド、編集はアルベール・ジュルジャンソン、美術はノエル・ギャランが担当。出演はシモーヌ・シニョレ、フランシス・ユステールなど。


配給ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
制作国フランス 西ドイツ (1979)
ジャンル 

1986年09月06日より



スタッフ

監督
脚本
台詞
製作
撮影
美術
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
シモーヌ・シニョレ (Simone Signoret)Mamie
フランシス・ユステール (Francis Huster)Alexandre
レティシア・ショヴォー (Laetitia Chaueau)Marie
エディット・クレヴェール (Edith Clever)Eva, la mere
ジャック・ヴェベール (Jacques Weber)Jean
ジャン・フランソワ・バルメール (Jean Francois Balmer)Andre, le menuisier
ロジェ・ブラン (Roger Blin)Romain le forgeron
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック