狼の血族

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

屋根裏部屋でひとり眠るロザリーン(サラ・パターソン)。彼女は夢を見ていた。−−村娘ロザリーン(サラ・パターソン)は、狼に殺された姉の葬式の後、森に住む祖母(アンジェラ・ランズベリー)の家で狼男の話を聞いた。《昔々、村の娘(キャスリン・ポグソン)が行商人(スティーブン・レイ)と結婚したが、初夜に花婿は姿を消した。数年後、再婚した妻のところへ現われた花婿は狼男に変身して襲いかかってきた》。祖母は「眉毛のくっついた男は狼男だから気をつけろ」と注意した。ロザリーンに恋する少年(シェーン・ジョンストーン)は、彼女と森へ行く。途中でロザリーンは姿を隠し、少年は狼を見て村へとんで帰る。人々が心配しているところへロザリーンがもどり、鴬の巣の卵からかえった小さな赤ん坊の像を母親(トゥッシー・シルバーグ)に見せた。父親(デイヴィッド・ワーナー)たちは狼退治に出かけ、ロザリーンは母に祖母から聞いた話をする。《昔々、貴族の婚礼披露宴に村娘が姿を現わした。花婿に捨てられた彼女は居並ぶ貴族に呪いをかけ狼に変身させた》。父親は狼をしとめてもどってきたが、狼の足はいつの間にか指輪をはめた人間の手に変わっていた。祖母と訪ねる途中の森でロザリーンは眉毛のくっついた狩人(ミッシャ・バージーズ)と出会った。狩人は彼女より先に祖母の家へ着き、祖母を食い殺していた。こわくなったロザリーンは狩人に発砲した。すると狩人は狼に変身。ロザリーンは狼をなでながら、狼少女(ダニエル・ダックス)の話をした。両親や村人が祖母の家へやって来た。家の中には二匹の狼がいた。一匹はロザリーンの十字架を首からさげていた。二匹は森の中を駆けていく。−−屋根裏部屋のベッドでロザリーンは、起きあがった。彼女に狼の群が襲いかかってくる。


解説

中世の村に狼人間が徘徊する夢をみる少女。夢と現実を交錯して描くファンタジー。製作はスティーブン・ウーリーとクリス・ブラウン。エグゼキュティヴ・プロデューサーはスティーブン・ウーリーとニック・パウエル。監督は「エンジェル」(82)のニール・ジョーダン。アンジェラ・カーターの原案に基づいて彼女とジョーダンが脚色。撮影はブライアン・ロフタス、音楽はジョージ・フェントン、特殊メイクはクリストファー・タッカーが担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、サラ・パターソンほか。テレンス・スタンプが特別出演している。


配給ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
制作国イギリス (1984)
ジャンル 

1985年06月22日より



スタッフ

監督
脚色
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
特殊メイク
特殊効果
字幕

キャスト

俳優名役名
アンジェラ・ランズベリー (Angela Lansbury)Granny
サラ・パターソン (Sarah Patterson)Rosaleen
デイヴィッド・ワーナー (David Warner)Father
スティーヴン・レイ (Stephen Rea)Young Groom
キャスリン・ポグソン (Kathryn Pogson)Young Bride
トゥッシー・シルバーグ (Tusse Silberg)Mother
シェーン・ジョンストーン (Shane Johnstone)Amorous Boy
ミッシャ・バージーズ (Micha Bergese)Huntsman
グレアム・クローデン (Graham Crowden)Priest
Georgia Slowe (Georgia Slowe)Alice
テレンス・スタンプ (Terence Stamp)不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック