少林寺三十六房

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

17世紀の中頃の中国。広東の乾魚問屋の息子として生まれたリュー・ユテ(リュー・チアフィ)は、正義感に燃える若者。明朝を倒し、中国全土を制圧しようと企んでいる清王朝の将軍、ティエン・タ(ロー・リエ)は、横暴きわまりなく、民衆を苦しめていた。そんなころ、明の復興運動が盛り上がり、密かに地下組織が結成されていた。リューは、この地下組織の中心人物の塾の学生だった。彼は、その塾で、中国を清の暴政から守らなくてはならぬと説かれ、民族を救う野心に燃えた。彼は、仲間達と抵抗運動に励むが、ある日、その運動が発覚し、父が殺され、乾魚問屋もつぶされてしまった。悲しみに沈むリューは武道を習得する決心を固め、北にある少林寺へと旅立った。やっと辿りついた少林寺で、まず10日間苦しみに耐えのびた彼は、少林寺の総僧に入門を許され髪を剃って三徳と命名した。一年後、少林寺の名高い三十五房でやっと拳法を学ぶ許可を得る三徳。臂力房、腕力房、平衡房、腿術房、眼力房、頭力房、拳術房、刀術房、腰力房、と、次々に学んだ彼は、夜中にも練習し、二年間の間に三十五房のうち十房を突破した。三十五房のうちどれかひとつの僧房になる指示を受けるが、彼はそれをことわり、自分で編み出した第三十六番目の房“三節棍房”の創設を志した。そのためには、一度少林寺を下って武者修行に出て武芸を一段と錬磨せねばならない。彼は皆に見送られ下山した。そのころ、清五朝の横暴ぶりはエスカレートし、ますます民衆の苦しみは強まっていた。リューは、優秀な若者を探し出し、少林拳を伝える任務に燃えていた。この動きを察知した将軍は、兵を送り出し、リューを抹殺しようと企んだ。リューは優秀な若者、フン・シークアン(Y・ヤン)などに少林拳を伝授した。やがて、自ら編み出した三節棍で、将軍らを相手に、決死の闘いを繰り広げるのだった。


解説

17世紀の中国を舞台に少林寺出身の伝説的達人、劉裕徳が、武道部屋三五房で少林寺をマスターし、自らの鍛練部屋〈三十六房〉を創設するまでを描くクンフー映画。製作はラン・ラン・ショウ、監督はリュー・チアリァン、脚本はイー・クワン、撮影はファン・ユー・タイが各々担当。出演はリュー・チアフィ、ホワン・ユー、ロー・リエ、リュー・チァ・ユン、スー・シャオシャンなど。本国題名は「少林三十六房」。


配給東映
制作国香港 (1977)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1983年04月11日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
字幕

キャスト

俳優名役名
リュー・チャーフィー (Gordon Liu Chia-hui)Liu Yu Te
ホワン・ユー (Huang Yu)Chung Mi Lu
ロー・リエ (Lo Lieh)Tien Ta
リュー・チァ・ユン (Liu Chia Yung)Ying Tien Chung
スー・シャオシャン (Hsu Shao Chiang)Lu Ah Tsai
ユー・ヤン (Yu Yang)Hung Hsi Kuan
フランキー・ウェイフン (Frankie Wei Hung)Ho Kuang Han
ホワ・ルン (Hua Lun)Chang Hsiang Yung
ユエン・シャオティエン (Yuen Siu-tien)Director of Fists Chamber
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック