追悼のメロディ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北フランスのある町。折りしも、列車が駅に到着し、今、1人の男フランソワ(ジャン・ポール・ベルモンド)が降りたった。そして彼はタクシーの運転手(シャルル・ジェラール)にホテルの名を告げる。7年ぶりの町は変っていた。この7年間彼は、フットボール選手と1人の女を殺害したかどで投獄された。まったく身におぼえがないこの罰、今日彼は出獄する。そして、彼は思い出す、あの父が選挙で敗北した頃の事を−−。繊維業界のボスはいわばこの町の支配者であり、その中で実力者はリエガール(ベルナール・ブリエ)。フランソワは、リエガールの娘ジルベルト(マリー・フランス・ピジェ)が子供の頃から、優遇されているのに頭にき、ある日彼女を誘惑してモノにした。だが彼女はフランンワには愛しい女性だったのである。やがて、フランソワはリエガール一族に迎え入れられ、リエガールの会社の重要なポストにおさまった。しかし、フランソワの父が、リエガールの立てた候補者に対抗して選挙に出たため、フランソワは一族よりしめ出され、会社も追われる。そして彼はあるクラブの支配人におさまるが、ここは麻薬密売所。彼だけが知らなかった。やがて、フランス対スペインのフットボール試合が行なわれる前晩、フランソワのリボルヴァーで、選手とホステスが殺される。法廷では、フランソワがすべて不利だった。それはすべて組織のしかけた罠−−。やがて出獄したフランソワは、この事件の黒幕をあばくため、亡霊のように昔の知人を訪れた。ジルベルトは父に無理矢理進められた結婚に破れており、彼の復讐に手を貸してくれることになった。フランソワはじりじりと組織の核心にふれていく。敵もフランソワを殺すかくごで爪をのばしてくる。そして黒幕は彼の目前に姿をあらわした。リエガールだ。だが、彼を殺すことを無理だとあきらめたフランソワは、以前のクラブの共同経営者を殺る。そして翌朝、ゴルフ場にてリエガールは何者かに狙撃された。


解説

無実の罪で投獄された男の、出獄してからの復讐を描く。製作はジャン・ポール・ベルモンド、アンリ・ヴェルヌイユ、監督は「恐怖に襲われた街」のアンリ・ヴェルヌイユ、脚本はアンリ・ヴェルヌイユ、ミシェル・オーディアール、フェリシアン・マルソー、台詞はミシェル・オーディアール、原作はフェリシアン・マルソー、撮影はジャン・パンゼル、音楽はフランシス・レイが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、ベルナール・ブリエ、マリー・フランス・ピジェ、シャルル・ジェラールなど。


配給コロムビア
制作国フランス (1977)
ジャンル 

1977年11月03日より



スタッフ

監督
脚本
原作
台詞
製作
撮影
美術
音楽
編集
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ジャン・ポール・ベルモンド (Jean Paul Belmondo)Francois
ベルナール・ブリエ (Bernard Blier)J._B._Liegard
マリー=フランス・ピジェ (Marie-France Pisier)Gilberte
シャルル・ジェラール (Charles Gerard)Taxi Driver
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック