コカコーラ・キッド

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

コカコーラ・カンパニーのオーストラリア支部長のところに、アメリカ本社からテレックスが入った。販売体制の建て直しをするため、本社きってのヤリ手社員ベッカー(エリック・ロバーツ)を派遣したというのだ。ベッカーはトラブル・シューター、すなわち難関突破の専門家だった。エリートらしくビシッと決めたベッカーはオーストラリアでまずホテルのボーイに歓迎される。彼はしかしベッカーをCIAのスパイと勘ちがいしてベッカーに大サービス。しかもその男前ぶりに見とれる始末。支部に出社すると待っていたのは秘書のテリー(グレタ・スカッキ)。彼女は、仕事の腕はあやしいものだったが、性格は良くセクシー、ベッカーはさっそく彼女と仕事の打ち合せ。セールス・レポートをチェックしているうちに、あることに、ベッカーは気づいた。一部の地域にコカ・コーラが一本も売れていないのだ。調査をするうちに、問題の地域アンダーソン峡はジョージ・マクドウェル男爵(ビル・カー)の領地で、コカコーラとよく似たソフト・ドリンク、マクコークというのを売り出しているのだった。ベッカーはすぐさま男爵の領地に乗り込んだ。工場を偵察していると何とその男爵に見つかってしまう。しかし男爵はベッカーを気骨のある男だと思う。一方、テリーは、そんなベッカーの行動が気が気ではない。彼女はアンダーソン峡に行くのをやめさせようとする。実は彼女は男爵の娘だったのだ。彼女は結婚して子供がいたが離婚して今働いていることは、秘密だったのだ。そんなことはおかまいなしで、ベッカーは大軍団を率いてアンダーソン峡に乗り込んで行き、思いどおりに事をすすめるのだった。


解説

コカコーラのセールスマンがオーストラリアにも広めようと苦心するコメディ・タッチのドラマ。製作はマーク・モファットとリッキー・ファーター、監督はドゥシャン・マカヴェイエフ、原作・脚本はフランク・ムーアハウス、撮影はディーン・セムラー、音楽はティム・フィンが担当。出演はエリック・ロバーツ、グレタ・スカッキほか。


配給シネマテン
制作国オーストラリア (1985)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1987年10月31日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
エリック・ロバーツ (Eric Roberts)Becker
グレタ・スカッキ (Greta Scacchi)Terri
ビル・カー (Bill Kerr)T. George McDowell
クリス・ヘイウッド (Chris Haywood)Kim
Kris McQuade (Kris McQuade)Juliana
Max Gillies (Max Gillies)Frank
トニー・バリー (Tony Barry)Bushman
Paul Chub (Paul Chub)Fred
David Slingsby (David Slingsby)Waiter
ティム・フィン (Tim Finn)Philip
コリーン・クリフォード (Colleen Clifford)Mrs. Haversham
レベッカ・スマート (Rebecca Smart)DMZ
Fibsen Storm (Fibsen Storm)Country Hotel Manager
Steve Dood (Steve Dood)Mr. Joe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『五億円のじんせい』望月歩 単独インタビュー
『五億円のじんせい』望月歩 単独インタビュー

2019.07.17

映画『二ノ国』を代表する本編シーン解禁!
映画『二ノ国』を代表する本編シーン解禁!

2019.07.17

『架空OL日記』夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子 実力派女優陣がバカリズムの元に再び集結!!
『架空OL日記』夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子 実力派女優陣がバカリズムの元に再び集結!!

2019.07.17

一覧

ドナルド・グローヴァー、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にカメオ出演予定だった?
ドナルド・グローヴァー、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にカメオ出演予定だった?

2019.07.17

ジョーダン・ピール版『キャンディマン』、来月撮影開始へ
ジョーダン・ピール版『キャンディマン』、来月撮影開始へ

2019.07.17

次期ジェームズ・ボンドが女性に決定?!
次期ジェームズ・ボンドが女性に決定?!

2019.07.17

一覧