愛という名の疑惑

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

サンフランシスコ。夜ごと悪夢を見るという若い女性患者ダイアナ・ベイラー(ユマ・サーマン)の病状に興味を覚えた精神分析医アイザック・バー(リチャード・ギア)。ダイアナは自分の過去を知る姉に会ってほしいと彼に言う。やがて姉のヘザー・エヴァンズ(キム・ベイシンガー)は自分からアイザックの前に現れる。彼はヘザーの美しさに魅かれ、2人は恋におちる。彼女の夫ジミー(エリック・ロバーツ)はマフィアで、妻を虐げる卑劣な男だ。アイザックの愛は同情も加わり次第に募る。そんなある日、アイザックはダイアナから緊急の電話を受け取る。ヘザーが夫殺しで逮捕されたのだ。ヘザーは以前より病的酩酊症で、犯行時の記憶がないという。アイザックは裁判で友人の弁護士と共闘してヘザーの無罪を勝ち取り、ヘザーは病院での治療が義務づけられ、入院した。しかし、数日後の学会でアイザックはフロイトの夢の学説を聞いて愕然とする。ダイアナの語る夢はフロイトからの引用そのままだったのだ。ヘザーの夫ジミーには多額の保険金がかけられており、アイザックは全てがヘザーの仕組んだ罠だったことを知る。ダイアナはその共犯者だった。怒りのアイザックはヘザーを病院に閉じ込めることにするが、復讐の鬼となったヘザーはダイアナを身代わりにして病院を脱出、隠し持ったアイザックの指紋が付いた犯行時の凶器をタテに、身の潔白を主張しようとする。だが、嵐の中、灯台に追いつめられたヘザーは、アイザックの前で落下して死亡してしまう。結局、罪を逃れたダイアナがジミーの保険金を手に入れるのだった。


解説

完全犯罪を目論んで近づいた美しい姉妹に翻弄される精神分析医の愛と葛藤を描くサスペンス映画。監督は「ステート・オブ・グレース」のフィル・ジョアノー、製作はチャールズ・ロヴェン、ポール・ユンガー・ウィット、アンソニー・トーマス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演のリチャード・ギアとマギー・ワイルド。ロバート・バーガーと「ケープ・フィアー」のウェズリー・ストリックの原案を元にストリックが脚本を執筆、撮影は「ゲット・バック」のジョーダン・クローネンウェス、音楽は「メンフィス・ベル」のジョージ・フェントンが担当。


配給ワーナー・ブラザース
制作国アメリカ (1992)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1992年09月05日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
リチャード・ギア (Richard Gere)Issac_Barr
キム・ベイシンガー (Kim Basinger)Heather_Evans
ユマ・サーマン (Uma Thurman)Diana_Baylor
エリック・ロバーツ (Eric Roberts)Jimmy_Evans
ポール・ギルフォイル (Paul Guilfoyle)Mike_O'Brien
キース・デイヴィッド (Keith David)Detective_Huggins
ロバート・ハーパー (Robert Harper)Alan_Lowenthal
アグスティン・ロドリゲス (Agustin Rodriguez)Pepe_Carrero
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック