愛すべき女・女たち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

<第一話・神代に起った女の変身> 化粧法を発見したお転婆娘が、愛の行為に対して男に報酬を要求し、かつ相手を選ぶ権利を獲得して、史上最古の商売の誕生。 <第二話・ローマ皇后も好きだった> 浮気っぽい皇帝が淫売宿へおしのびを決行すると、意外や意外、金で買った相手が妻の皇后だったという話。 <第三話・貴族好み> 金と男に滅法強いパリジェンヌも、金持の貴族にばけた男にまんまと騙される。理想の男性像には全く弱い。 <第四話・手管に踊る倖せ> 玉の輿にのるための変身で、見事ウェディング・ベルを鳴らすが、騙されるほうも、自分はモテると感違いして双方丸く収まるめでたい話。 <第五話・快楽を運ぶ救急車> ペアを組んで流しの売春をしていた女運転手とパリ娘は、パクられた苦い経験から奇抜なアイデアを実行に移す。健康な男性の為の救急車である。 <第六話・二〇〇一年愛の交換> 地球上の政府は自由恋愛を禁じ、愛は言葉と肉体に分かれ機械化していた。しかし銀河系からの男性旅客は禁断の愛を発見し、行なう。


解説

古代から現代、未来を通じて変らぬ、無邪気で可愛い娼婦の愛の歴史をオムニバス形式で綴る。 (第一話)監督フランコ・インドヴィナ、脚本エンニオ・フライアーノ、主演ミシェル・メルシェ、ガブリエレ・ティンティ、エンリコ・マリア・サレルノ (第二話)監督マウロ・ボロニーニ、脚本エンニオ・フライアーノ、主演エルザ・マルティネッリ、ガストン・モッシャン (第三話)監督フィリップ・ド・ブロカ、脚本ダニエル・ブーランジェ、主演ジャンヌ・モロー、ジャン・クロード・ブリアリ、ジャン・リシャール (第四話)監督マイケル・プフグハー、脚本アンドレ・タベとジョルジュ・タベ、主演ラクウェル・ウェルチ、マルタン・ヘロ (第五話)監督クロード・オータン・ララ、脚本ジャン・オーランシュ、主演ナディア・グレイ、フランス・アングラード、フランシス・ブランシュ・ダリオ (第六話)監督・脚本ジャン・リュック・ゴダール、主演アンナ・カリーナ、マリル・トロ、ジャック・シャリエ。


配給ヘラルド
制作国フランス ドイツ イタリア (1967)
ジャンル 

1971年12月25日より



スタッフ

監督
脚本
音楽
字幕監修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック