クレイジー・ボーイ 金メダル大作戦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アビニョンの近くにあるグレイブソンは小さな美しい村。近くの町で国際試合の開催が決まり、我然騒がしくなってきた。八百屋のジュール(P・プレボアスト)と息子ルシェン(G・クロース)は、オリンピック聖火の通過を祝って、村を挙げての祝賀パーティを準備する責任者だ。その頃、村の近くでちょっといかれた四人の若者ジャン・ガイ(J・G・フェックナー)、フィル(G・フィリッペリ)、ジェラール(G・リナルディ)、ジャン(J・サラス)がキャンプをしていた。そこへやってきたジュールは、遊び呆けている息子に代ってシャルロに救援を求めた。シャルロはOKした。八百屋のおてんば娘デリース(M・ケリイ)にお色気たっぷりに誘われたからたまらない。村を挙げてのドンチャン騒ぎの揚句の果てに、大事件が発生した。デリースがハンサムな聖火ランナーの青年に一目惚れし、後についていってしまったのだ。シャルロとジュール、ルシェンは二人の後を追った。彼女を捕えて家名を汚さないようにしなければならない。ゲーム場に着いたものの会場は彼らが闖入したために大混乱。ゲームにまぎれ込んだシャルロはゴールド・メダルをもらう始末。その最中、デリースはジェラールこそが、自分にふさわしい人と心に決めるのだった……。デリースが教会へ向かおうとしたその時、自転車競争の群れが、なだれ込んできた。黄色いジャージ姿の先頭のハンサムな青年に、デリースのハートがまたまた動き始めた。


解説

おかしな四人組がまきおこす笑いの数々。フランスを中心にヨーロッパで人気のあるポップ・ミュージック・グループ“レ・シャルロ”の『クレイジー・ボーイ』シリーズ第一作。監督・脚本は監督第一作目のクロード・ジディ。撮影はポール・ボニス、音楽はレ・シャルロが各々担当。出演は”レ・シャルロ”のジャン・ギイ・フェシュネール、ジェラール・フィリッペリ、ジェラール・リナルディ、ジャン・サリュスの四人組にポール・プレボアスト、マルチーヌ・ケリイ、ジェラール・クロースなど。


配給松竹
制作国フランス (1972)
ジャンル 

1973年07月28日より



スタッフ

監督
脚本
撮影
音楽
字幕監修

キャスト

俳優名役名
ジャン・ギイ・フェシュネール (Jean Guy Fechner)Jean Guy
ジェラール・フィリッペリ (Gerard Filipelli)Phil
ジェラール・リナルディ (Gerard Rinaldi)Gerard
ジャン・サリュス (Jean Sarrus)Jean
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック