女と男

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マリナ(イザベル・コーレイ)は、紺碧のアドリア海にのぞむ小さな港、ポルトロスきっての美しい少女で、男たちの憧れの的であった。だが両親を失ったマリナは、小さい弟二人を養わなければならないので、浜の禁を犯して沖の小島の近くへ釣に出ていた。浜の人たちと島の人たちは以前から反目を続けていた。或る日、マリナが例のように島の近くで釣をしていると急に暴風雨となり舟が転覆して気を失ったが、勇敢な島の若者ピエロ(マルチェロ・マストロヤンニ)に救われた。マリナはさらわれたと思ってピエロと争うが、お互いに強く惹かれるものを感じた。翌朝、マリナは彼のボートで島を抜け出した。島の人々は怒ってボートを取り戻しに来、浜の人と一波乱起りそうになる。だがピエロの目的はマリナにあるので、ジプシー流にさらってでも島へ連れ帰るつもりでいたが、マリナにはニコ(ハンス・ライザー)という婚約者がいた。ニコはマリナが結婚するなら弟たちを引取ってもよいと言っていた。間もなく塩田の始る季節になった。マリナも、ニコも、ピエロも塩田へ出稼ぎに行った。塩田監督のアルベルト(ペーター・カルステン)は、ヴィダという愛人がありながらマリナに色眼を使うので、ヴィダは嫉妬にかられた。夜になると人々は酒場でダンスに興じた。ピエロとマリナは心をかきたてるようなリズムに乗って踊った。あの暴風雨の夜以来くすぶっていた情熱は炎となった。その時嫉妬に狂ったニコがマリナを引き戻しに来た。この夜からマリナは恋を知り、女として眼覚めた。そんなマリナにアルベルトは誘惑の手を伸すので、ヴィダとマリナは掴み合いの喧嘩をする。アルベルトはピエロとマリナに罪をきせて塩田から追い出そうとしたが、ピエロはアルベルトの不正をあばいて逆にアルベルトを追い出したので、彼の立派な態度に一層心惹かれる。ヴィダは妊娠していたのでアルベルトにまつわりつき、彼と争っている中にあやまって、にがり溜りに落ちて死んでしまった。アルベルトはそのまま逃げてしまったので、マリナは殺人容疑で逮捕された。ニコはマリナの無実を主張したが駄目だった。ピエロはアルベルトを追い、やっと捕えて自白させ、マリナを釈放させた。数日後、塩田の仕事は終った。それぞれ自分の住家へ帰って行く。ピエロも船に乗った。マリナは決心のつかないまま浜へ帰ろうとした。ピエロの船は出発した。その時、ばじめて自分の心の求めているのはピエロであることを知り、海へ飛び込んで船を追った。それを見て船を止めて待つピエロの腕にマリナは抱かれた。


解説

アドリア海北部の塩田地帯にくりひろげる青春篇。「始めに罪あり」のフランツ・カップとユーゴスラヴィアの作家ヴィエコ・ドブリンチチのオリジナル・ストーリーをオーストリアのヨハネス・カイが脚色、カップが監督した。撮影監督はイタリアに帰化したと伝えられるチェコのヴァクラフ・ヴィッヒ(「罪ある女」)、音楽は西独のベルト・グルント。主演は「恋愛時代」のマルチェロ・マストロヤンニ、フランスの新星イザベル・コーレイ、「最後の08/15」のペーター・カルステンなど。


配給NCC
制作国ユーゴスラビア 西ドイツ イタリア (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年08月07日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
イザベル・コーレイ (Isabelle Corey)Marina
マルチェロ・マストロヤンニ (Marcello Mastroianni)Piero
Jester Naefe (Jester Naefe)Vida
ペーター・カルステン (Peter Carsten)Alberto
ハンス・ライザー (Hans Reiser)Nico
マリオ・アドルフ (Mario Adorf)Coco
カイ・フィッシャー (Kai Fischer)Lola
トルーデ・ヘステルベルク (Trude Hesterberg)Vida's Mother
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック