今晩おひま?

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリの夕暮。若者たちは足どりも軽く街へ出かける。すれちがう娘たちに“今晩おひま?”と声をかけながら。フレディ(ジャック・シャリエ)とジョセフ(シャルル・アズナヴール)は連れだってセーヌの河岸を歩いた。フレディは二十歳の美青年。ジョセフは銀行員で女にもてない小男で、どんな女でも自分とつきあってくれさえすればよかった。二人はアンバリード空港に行ってみた。そこで夫を見送るドニーズ(ダニー・ロバン)をみつけ、アパートまで行った。が、彼女は夜の女だった。フレディの理想の女性−−自分の部屋の壁の絵のような人−−にはほど遠かった。次はサンジェルマン・デ・プレに向った。あるスナック・バー、ジャズのうるさい中でシルヴィアンヌ(エステラ・ブラン)とダドウ(ダニー・カレル)という女と束の間を過す。シャンゼリゼエ通りに来た時はもう夜だった。リドの商店街をぶらつく女達、もの欲しそうなハイティーン娘、金目当ての年増女。二人はスエーデン娘のイングリッドとモニカをつかまえてモンマルトルへ。だが二人のあつかましさに、フレディもジョセフも閉口して逃げだした。その時、フレディは街角で夢に描いた女性そっくりな人をみつけた。「あなたこそ、ぼくの理想の人だ」。が、その感激はもろくも崩れた。彼女の足は不具だった。雨がやんだ。二人はまたイングリッドたちにつかまり、パリシイ通りのある家に連れていかれた。そこはパーティの真最中で、フレディは放蕩に身を持ちくずしたギレーヌ(ベリンダ・リー)を知った。彼女はフレディに今の境遇から救ってくれるように頼んだ。が、彼の心は動かなかった。ジョセフの方はフランソワーズという女と知りあい、お互に純情が通じて首尾は上々。夜が明けてきた。フレディはジョセフとフンラソワーズに別れた。今夜も理想の女性には逢えなかった。が、いつかはきっと逢えるだろう。


解説

ヌーヴェル・ヴァーグの一人で弱冠二十九歳の新進ジャン・ピエール・モッキーが監督した青春映画。脚本もモッキーが書き、撮影は「赤い風船」のエドモン・セシャン。出演は「危険な曲り角」のジャック・シャリエ、シャンソン歌手で有名なシャルル・アズナヴール、「正午に銃殺の鐘が鳴る」のダニー・ロバン、「奥様にご用心」のダニイ・カレル、「殺られる」のエステラ・ブラン、「モンパルナスの灯」のアヌーク・エーメ、「少年が知っている!」のベリンダ・リー、他にニコール・ベルジェ、イング・ショエネル等。製作ジョゼフ・リスボナ。


配給新外映
制作国フランス (1959)
ジャンル 

1959年10月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽

キャスト

俳優名役名
ジャック・シャリエ (Jacques Charrier)Freddy
シャルル・アズナヴール (Charles Aznavour)Joseph
ダニー・ロバン (Dany Robin)Denise
ダニー・カレル (Dany Carrel)Dadou
エステラ・ブラン (Estella Blain)Sylviane
アヌーク・エーメ (Anouk Aimee)Jeanne
ベリンダ・リー (Belinda Lee)Ghislaine
ニコール・ベルジェ (Nicole Berger)Francoise
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック