恋人たちの森

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

一九四三年クリスマス前夜、ブルターニュ半島の独軍は、自由フランス軍スパイの侵入の報に緊張した。フォン・シュタウフェン中佐の妻ヘルタ(エリカ・レンベルグ)がやって来たのは、その日の最後の列車だった。遠来の妻をもてなす暇もなく、中佐はヘルタを人里離れたパリズォ夫人(フランソワーズ・ロゼー)の家にあずけた。ヘルタは夫人の息子シャルル(ローラン・テルズィエフ)の部屋を与えられた。ヘルタは二人前のクリスマスの準備をして夫を待った。飛行機がイギリスを出発した。シャルルも乗っていた。彼の使命はクリスマスの朝の爆撃地点を通報して非戦闘員を守ることだった。その後、ある人物が現れて彼を安全地帯に誘導する手筈になった。「恋人たちの森」にパラシュートで降りたシャルルは、逃げ込んだ家の中にヘルタを見て驚いた。前夜は過ぎてゆく。シャルルたちの捜索に追われた中佐は、ついに妻のもとに現れない。敵味方の恨みを越えて、孤独がヘルタとシャルルを結びつけた。爆撃の時間が来た。通信の任務は済んだ。ヘルタと母親を連れて脱出しようとするシャルルを案内に来たのは、ドイツ側に忍び込んだ通訳のアルサス人だった。かつてヘルタを案内したその男は、シャルルに彼女を射殺するよう要求した。二人の男が争っている間に、息子を思うパリズォ夫人は、通訳のピストルでヘルタを打ち倒した。最後の爆撃の波が訪れようとしていた。しかし、シャルルは瀕死のヘルタを置いていけない。パリズォ夫人も思い出深いわが家を立ち去れなかった。遂に爆弾は命中、四人の生命とともにこの家を打ちくだいてしまった。


解説

フランスの劇作家フランソワ・ド・キュレールの戯曲『非情の地』(23)の映画化。脚色は「空と海の間に」のジャック・レミー、作家のルネ・アルディの共同。(台詞は劇作家のアルベール・ユッソン)「青い女馬」のクロード・オータン・ララが監督した。撮影はジャック・ナトー、音楽はルネ・クロエレック。出演は「狂った夜」のローラン・テルズィエフ、新人エリカ・レンベルグのほか、フランソワーズ・ロゼー、ゲルト・フレーベ、ホルスト・フランクら。製作レイ・ヴァンチュラ。


配給ヘラルド
制作国フランス (1960)
ジャンル 

1961年03月09日より



スタッフ

監督
脚色
原作戯曲
台詞
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
録音
編集

キャスト

俳優名役名
ローラン・テルズィエフ (Laurent Terzieff)Charles
エリカ・レンベルグ (Erika Remberg)Herta
フランソワーズ・ロゼー (Francoise Rosay)Madame Parisot
ホルスト・フランク (Horst Frank)Von Stauffen
ゲルト・フレーベ (Gert Frobe)General
Jean Verner (Jean Verner)Interprete
Johnny Jendrich (Johnny Jendrich)L'Officier Gare
Lutz Gabor (Lutz Gabor)Lieutenant Muller
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック