オセロ(1961)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー


解説

『オセロ』のバレエ映画化。演出・振付・主演はヴァフタング・チャブキアーニ。撮影はフェリックス・ヴィソツキー、音楽はアレクセイ・マチャヴァリアーニの担当。出演しているのはヴァフタング・チャブキアーニの他、ヴェラ・ツィグナーゼ、ザルブ・キカレシヴィーリ、リアナ・ミタイシヴィーリなど。アグファカラー・グランドビジョン。略筋 ベニス共和国の将軍、色の黒いムーア人オセロ(ヴァフタング・チャブキアーニ)は元老議員ブラバンショウの娘デスデモナ(ヴェラ・ツィグナーゼ)と愛し合い、結婚する。黒面将軍に一人娘を奪われたと知った老ブラバンショウは元老院にオセロの処罰を訴えるが、デスデモナは今より夫婦としてオセロと永遠に結ばれることを堂々と宣言する。折も折、トルコの艦隊がキプロスに向って進撃中との情報が入り、オセロは軍を率いて出発する。オセロの部下、イアーゴ(ザルブ・キカレシヴィーリ)はオセロに敵意をもち、おとし入れようと計画している。イアーゴはさまざまの陰謀をめぐらし、オセロの心に嫉妬という毒薬を注ぎこむ。オセロは愛する妻デスデモナがカシオと情を通じているかのように思いこみ、結婚の想い出の場所でデスデモナを締め殺そうとする。デスデモナはそれでも夫への愛情の言葉をのこしながら絶命する。妻を殺してから、すべてがイアーゴの陰謀によることをさとり、自らの手でわが胸を刺し、デスデモナの屍の上におり重なって倒れた。


配給日本ヘラルド映画
制作国ソ連 (1961)
ジャンル 

1962年02月10日より



スタッフ

監督
脚本
原作
撮影
音楽
振り付け

キャスト

俳優名役名
ヴァフタング・チャブキアーニ (Vakhtang Tchabukiani)Othello
ヴェラ・ツィグナーゼ (Vera Tsignadze)Desdemona
ザルブ・キカレシヴィーリ (Zarub Kikaleishvili)Iago
リアナ・ミタイシヴィーリ (Liana Mitaishvili)Emilia
Eteri Tchayukiani (Eteri Tchayukiani)Bianka
Bichiko Monavardisashvili (Bichiko Monavardisashvili)Cassio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック