バストで勝負

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

十七世紀末のナポリはスペインの統治下にあって、住民たちは慾深い総督(ヴィットリオ・デ・シーカ)の重税に喘いでいた。だが、一人だけ免税で涼しい顔をした男ルカ(マルチェロ・マストロヤンニ)がいた。理由は簡単。女房カルメラ(ソフィア・ローレン)がトビキリのグラマーなので、好色の総督がマイッているからだ。彼女の気をひくための戦術に他ならない。彼女も総督に気があると見せ、ドタンバでスルリと逃げるチャッカリ屋。そんなある日、総督にとって絶好のチャンスが訪れた。ナポリの祭日の日、ルカが喧嘩をして、総督の軍隊に捕まり、ブタ箱に入れられたのだ。夜、総督はカルメラのいる水車小屋へやって来た。ところが、張り切りすぎて橋の上で足を滑らし、川の中にザンブ。彼女に助けられて酒を飲まされ、人心地をとり戻した総督はやがて作戦の開始にかかった。ところが、風邪をひいた上に酔いが出て、カルメラが服を脱ぐうちに寝入ってしまった。カルメラは総督の服からルカの赦免状を抜き出して監獄へ急いだ。一方、ルカは見張りの兵隊を酔わせて脱出に成功し、水車小屋に帰ってみると、自分の寝巻を着て総督が寝ており、あたりにカルメラの下着が散乱しているのをみて、二人に復讐を考え、「総督の奥方だって悪くないぜ」と認め、ルカは官邸の奥方の部屋に忍び込んだ。だが、気の弱いルカ、奥方に騒がれて謝罪し、総督の行状を洗いざらいぶちまけた。今度は奥方がカンカン。やがて寝巻姿のまま、帰って来た総督は、奥方の言いつけで追い出し。意気消沈の総督をみて、ルカは意を決し、悪政の改定を訴えた。ルカとカルメラも互いに潔白が証明された。


解説

マリオ・カメリーニ、イーヴォ・ペリッリ、サンドロ・コンティネンツァ、エンニオ・デ・コンチーニらの共同シナリオを「ユリシーズ(1954)」のマリオ・カメリーニが演出したセクシー・コメディ。撮影は「ローマの女」のエンツォ・セラフィン、音楽は「豪快!マルコポーロ」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演は「昨日・今日・明日」のコンビ、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、演出家ビットリオ・デ・シーカ、「山猫」のパオロ・ストッパ、イボンヌ、サンソンなど。製作はディノ・デ・ラウレンティスとカルロ・ポンティ。


配給大映
制作国イタリア (1955)
ジャンル 

1964年10月17日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽

キャスト

俳優名役名
ソフィア・ローレン (Sophia Loren)Carmela
マルチェロ・マストロヤンニ (Marcello Mastroianni)Luca
ヴィットリオ・デ・シーカ (Vittorio De Sica)Governor
イヴォンヌ・サンソン (Yvonne Sanson)Governor's wife
パオロ・ストッパ (Paolo Stoppa)Gardunia
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック