今宵バルドーとともに

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

神の創った芸術的素材と称讃されたブリジット・バルドーが、一流の歌手たちを相手に、歌い踊る。曲目は「マルセイエーズ・ジェネリク」「ハーレー・ダビドソン」「コミック・ストリップ」「悪魔が町にやってきた」「風船ガム」「ホントはウソよ」「美しき人生」「鮪絹(しびあみ)」「ミスター・サン」「ヒッピー」「帰ってくるわ」「いつものようなある日」「コンタクト!」「ボニーとクライド」「みんなあの娘が好き」など。


解説

フランスのナンバー・ワン・スター、ブリジット・バルドーが出演したテレビ・ショウを劇場用に編集したもので、監督はエディ・マタロンと「アメリカの裏窓」のフランソワ・レシェンバック。撮影はジャン・ジャック・タルベス。音楽監督を名匠フランシス・レイが担当。出演は、ブリジット・バルドーの他に、セルジュ・ゲンズブール、サッシャ・ディステル、マニタス・デ・プラタ、クロード・ボランなど。


配給東和
制作国フランス (1968)
ジャンル 


スタッフ

監督
撮影
音楽監督
作曲

キャスト

俳優名役名
ブリジット・バルドー (Brigitte Bardot)不明
セルジュ・ゲンズブール (Serge Gainsbourg)不明
サッシャ・ディステル (Sacha Distel)不明
Manitas De Plata (Manitas De Plata)不明
Claude Bolling and his Jazz Band (Claude Bolling and his Jazz Band)不明
クロード・ブラッスール (Claude Brasseur)不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック