チェド

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

17世紀頃、西アフリカのある王国では、政治的陰謀を持つイスラム教導師(アリウンヌ・ファル)により、人々は次々と改宗させられ王国の伝統は失墜していた。そんなある日王国を憂い、イスラム化に反対し伝統を守ろうとするチェド(非改宗者)の若者(ママドゥ・ンディアイユ・ディアニュ)が、王国のディオル姫(タバラ・ンディアイユ)を誘拐する事件が起きた。王(マホレディア・ゲイ)はチェドたちに、罰として貢ぎ物の薪を運ばせるが、チェドの代表ジョゴマイ(ウスマン・カマラ)は、イスラム化した権力に対して服従を拒否することを表明する。姫の救出と王の後継者をめぐり、王の息子ビラムと王国の勇者サヘワール(ママドゥ・ナール・セン)が対立していたが、そんな中で王の甥でかつての姫の婚約者マディオル(ムスタファ・ヤッド)は、王を非難し、先祖からの服装を再び身につけるのだった。そしてビラムとサヘワールは姫を救出するために出発するが、相次いでチェドの若者に倒され、二人の死は王を孤立させることになり、側近たちは導師を後継者として認めるようになった。さらにチェドの蜂起を知った導師は、チェドたちを捕え家々に火を放つと同時に、騒乱の中で王とキリスト教伝道者(ピエール・オルマ)を暗殺し、権力を手中にする。翌日捕えられたチェドたちは一人一人強制的に改宗させられ、一方王の側近たちは排斥されるのだった。その頃誘拐されたディオル姫はチェドの若者に深い愛情と敬意を抱くようになっていたが、彼もまた導師の部下によって殺される。そして姫はチェドたちとともにイスラム教徒の策謀に立ち上がり、ついに導師を倒し、王国を民衆の手で握ることに成功するのだった。


解説

17世紀の西アフリカを舞台に、イスラム教支配に抵抗する民衆の姿を描く。製作はポーラン・スマヌー・ヴィエイラ、監督・脚本は「エミタイ」のウスマン・センベーヌ、撮影はジョルジュ・カリスタンとオリアンド・ロペスの共同、音楽はマヌ・ディバンゴが担当。出演はタバラ・ンディアイユほか。


配給岩波ホール
制作国セネガル (1976)
ジャンル 

1989年08月12日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
字幕

キャスト

俳優名役名
タバラ・ンディアイユ (Tabara Ndiaye)Princesse Dior Yacine
ママドゥ・ンディアイユ・ディアニュ (Mamadou Ndiaye Diagne)Le Ceddo
マホレディア・ゲイ (Makhouradio Gueye)Le Roi
アリウンヌ・ファル (Alioune Fall)L'Iman
ママドゥ・ナール・セン (Mamadou Nar Sene)Saxewar
ムスタファ・ヤッド (Mustapha Yade)Madior
ウスマン・カマラ (Ousmane Camara)Diogomay
ピエール・オルマ (Pierre Orma)Le Cure
Mody (Mody)Jaraaf
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック