奥様は芳紀17才

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

雨の降るクリスマス・イヴ。ハリウッドの有名脚本家マーク・クリストファ(ディック・パウエル)が、贈り物を抱えて女友達イザベラ(アン・フランシス)のところへ出かけようとしたとき、顔なじみの警官が感化院を脱走した17歳の少女スーザン(デビー・レイノルズ)を連れて来た。マークがかねて脚本を書く参考に頼んでおいたからである。折角のクリスマス・イヴも突然の闖入者のおかげでおじゃんとなり、くさったマークはスーザンが眠ってからイザベラを訪れることにしたが、折悪しくイザベラからの電話にスーザンが出たのでイザベラが気を回して憤慨し、これもだめ。結局スーザンはベッドに、マークは長椅子に寝て一夜を過ごした。未成年のスーザンが泊ったことを知ったマークの親友ヴァージルは、慌てて弁護士を連れて来た。弁護士は、こうなった上は告発を免れるためすぐ結婚するほか道はないという。マークは早速ラス・ヴェガスに車を飛ばして有無をいわせず結婚式をあげ、ナイトクラブを踊りまわったので、さすがのスーザンもへとへとになって眠りこんでしまった。マークは彼女を車でハリウッドのアパートに送り、自分はそのまま山荘へ逃げて行った。目を覚ましたスーザンが苺と酢漬を食べているのを見て、弁護士は、彼女が妊娠したに違いないとマークに電話した。マークはヴァージルが犯人だと決めて、ハリウッドへ帰るなり彼を殴り倒した。だが、「苺と酢漬は子供のときからの大好物」というスーザンの何気ない言葉を聞いて、誤解はすっかりとけ、マークも今更ながら彼女を愛していることに気づいたのだった。


解説

「ママの思い出」のハリエット・パーソンスが1954年に製作した軽喜劇。「凸凹海賊船」のアレックス・ゴットリーブと「暗黒街脱出」のスティーヴ・フィッシャーの戯曲をゴットリーブが脚色、「腰抜け 二挺拳銃の息子」のフランク・タシュリンが監督に当たった。撮影は「非常線(1953)」のニコラス・ミュスラカ、音楽は「折れた槍」のリー・ハーライン。出演者は「悪人と美女」のディック・パウエル、「雨に唄えば」のデビー・レイノルズ、「嵐を呼ぶ太鼓」のアン・フランシス、グレンダ・ファレル、アルヴィ・ムーアら。


配給RKOラジオ日本支社
制作国アメリカ (1954)
ジャンル 

1955年03月18日より



スタッフ

監督
脚色
原作戯曲
製作
撮影
美術
音楽監督
音楽
録音
編集
テクニカラー・カラー・コンサルタント

キャスト

俳優名役名
ディック・パウエル (Dick Powell)Mark
デビー・レイノルズ (Debbie Reynolds)Susan
アン・フランシス (Anne Francis)Isabella
グレンダ・ファレル (Glenda Farrell)Maude
アルヴィ・ムーア (Alvy Moore)Virgil
ホレース・マクマホン (Horace McMahon)Maizel
Herb Vigran (Herb Vigran)Hanlon
レス・トレメイン (Les Tremayne)Harvey
メラ・レーン (Mara Lane)Marliyn
リタ・ジョンソン (Rita Johnson)Dr._Rawlins
メイディ・ノーマン (Maidie Norman)Georgette
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック