ゴッド・ギャンブラー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

コウ(チョウ・ユンファ)は“賭神”と恐れられる天才ギャンブラーである。東京の賭場で小宮山というヤクザからシンガポールの賭博王シンを倒すことを依頼されるが、勝負を前にして、ナイフ(アンディ・ラウ)、ジェイン(ジョイ・ウォン)、クロールの三人組が仕掛けた罠に誤ってはまり、崖から落ちて記憶を全て失なってしまう。知能も子供並になってしまったコウに変わらず残っているものといったら、無性にチョコを欲しがることと、そして博打の才能だけだった。最初はコウを足手まといにしていたナイフだったが、彼の博才に気づくやそれを利用して一儲けを企むようになり、チョコと呼ばれるようになったコウと三人組の奇妙な日々が始まる。そんなある日、ナイフが借金取りに捕まり、ジェインはチョコを賭神に仕立て救出に向かう。彼らの間には既に強い絆が生まれていたのだった。一方、コウが行方不明の間に部下のイーは、コウの恋人ジャネット(チャン・マン)に迫って殺してしまい、コウを亡きものにしようと裏切りを企んでいた。コウが生きていることが知れるや追手が差し向けられ、激しい銃撃戦の中ついにコウは正気を取り戻すが、同時にナイフやジェインと過ごした日々の記憶は失なわれてしまったのだった。シンとの対決の日、イーがシンと通じていてイカサマが行なわれることを知ったナイフは何とかコウにそれを知らそうとするが、近づくことができない。だがコウは最後にはついに大勝利を収め、そしてイーに復讐を果たす。彼は全てのカラクリを知った上で、それさえ勝負に利用していたのだった。ナイフの方に一瞥をくれただけで去ってしまうコウにナイフは寂しさを覚えた。しかし、家へ戻ってみるとそこには何とあのチョコがいた。そしてナイフに一緒にラスベガスへ行こうと持ちかけるのだった。


解説

事故によって記憶を失なった天才的ギャンブラーが再び大勝負に挑むまでを描くアクション・ドラマ。製作はジミー・ヒョン、チャールズ・ヒョン、監督・脚本は「至尊無上」('89)のバリー・ウォン、撮影はチュン・チーマンとパウ・ヘイマン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、アンディ・ラウほか。


配給松竹富士
制作国香港 (1989)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1990年10月20日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
字幕

キャスト

俳優名役名
チョウ・ユンファ (Chow Yun-Fat)Kow
アンディ・ラウ (Andy Lau)Kinfe
ジョイ・ウォン (Joey Wong)Jane
チャン・マン (Cheung Man)Janette
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック