べらんめえ芸者罷り通る

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

コンゴ動乱をもちだすまでもなく今や黒い大陸・アフリカブーム、松の家の一人娘で売れっ子芸者の小春姐さんも、折から来日中のアフリカコロンダ国、アジバ六世国王の歓迎会に出たのが縁ですっかり国王と親しくなった。コロンダ国は世界屈指のダイヤの産地、ダイヤ鉱山発掘の権利をねらう山中産業会長・山中はソビリカ共和国と結託アジバ六世気に入りの小春を利用しようと虎視タンタン。一方、日本政府もアジバ六世に開発援助の協定調印をさせようと外務省アフリカ課勤務の花村健一をお守り役に差しむけた。外務省の裏をかき権利書のサインをとろうとする山中一味は、松の家の借金五十万を帳消しにすることで小春と手を打とうとした。折も折、宴会の席で花村と一緒になった小春は、花村が憎むべきドンファンであることを知り、彼への対抗上、山中の提案を受け入れた。花村はアジバ六世を山中一味から守るため秘密裡に旅行に連れ出したが神出鬼没の小春のためことごとく邪魔される。が、花村は低姿勢となり小春も彼のよさに気づき二人は休戦。それどころか小春は、ソビリカ諜報員に襲われたアジバ六世を救った花村に惚れ惚れ。そのうち小春は山中らの陰謀を知り、一味がひそかに得た権利書を破ってしまった。花村たちは条約調印を無事すませた。が、小春には権利書をあきらめた山中から矢のような借金の催促。しかも花村と前から噂のあった大蔵大臣令嬢上野玲子は一方的に花村との婚約を発表するし、コロンダ国ではクーデターが起きアジバ六世は追放の身。そのため外務省は六世一行の永住権を許可しないという冷遇ぶり。怒った小春は鉄火な気性に物を言わせて小村外務大臣に直談判。外務大臣は万事まかせておけとうなずいた。数日後、アフリカへ飛ぶ日航機の中に−−再び起った政変で返り咲いたアジバ六世一行と、小村大臣のイキな計いでアフリカ領事館勤務となった花村と小春の新婚旅行の姿があった。


解説

ひばりのべらんめえ芸者シリーズの第四作。瀬川昌治・川上参八の脚本を、「遥かなる母の顔」の小石栄一が監督した。撮影は「ぽんこつ」の藤井静。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年01月09日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)小春
高倉健 (Ken Takakura)花村健一
浪花千栄子おとし
星美智子〆蝶
小宮光江京奴
春丘典子とんぼ
光岡早苗松子
ベロナード・A・ジョーセフスアジバ六世
柳谷寛カジム
曽根秀介ナジム
岩城力サジム
山村聡 (Soh Yamamura)小村信太郎
堀雄二白井
永田靖山中達左衛門
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)小谷
中原ひとみ上野玲子
槙阿由里並木春子
八代万智子萩村昌子
ハロルド・コンウェイ (Harold Conway)アイチョフ
滝謙太郎山中産業社員
沢彰謙ハコ師
田川恒夫小村の秘書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック