愛の果てに

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1955年、米・英・ロシアの分割統治下にあったベルリン。英国の謀報活動への協力を要請された英国人青年のレナード(キャンベル・スコット)は米国人グラス(アンソニー・ホプキンス)の仕事に参加する。レナードはグラスに連れられたクラブで年上の美しいドイツ人女性マリア(イザベラ・ロッセリーニ)と出会い、彼女と恋に落ちる。米・英の計画は、ソ連地区との境界までトンネルを掘って彼らの通信を傍受するというもので、“黄金作戦”と呼ばれていた。マリアと婚約したある日、彼女の夫オットー(ロナルド・ニチュケ)が現われ、“黄金作戦”の情報と離婚の承諾金として1万マルクを要求した。激しく言い争ううちに、2人はオットーを殺してしまう。レナードは死体を切断してトランクに詰め“黄金作戦”のトンネル内に隠すが、すぐに発見される。マリアは全てをグラスに打ち明け、レナードを救ってほしいと頼む。グラスは彼を軍事輪送機に乗せてベルリンを脱出させる。マリアは全てを引き受けてくれたグラスと共に残る道を選んだ。24年後、壁が取り払われたベルリンで2人は再会し、解放感に満ちた笑顔を交わした。


解説

東西冷戦が統く分割統治下のベルリンを舞台に、各国間の諜報戦の波に翻弄される男女の悲恋をサスペンス・タッチで描いたメロドラマ。英国の作家イアン・マキューアンの小説『イノセント』を原作者自身が脚色、「パシフィック・ハイツ」のジョン・シュレシンジャーが監督して映画化。製作はノーマ・へイマン、クリス・ジーヴァーニッヒ、ヴィーランド=シュルツ・カイル。撮影は「ウェドロック」のディートリヒ・ローマン、音楽は「マダム・スザーツカ」でも監督とコンビを組んだジェラード・グーリエイ、美術は「ハワーズ・エンド」のルチアーナ・アギリ、編集は「ハムレット」(91)のリチャード・マーデンがそれぞれ担当。主演は「シングルス」のキャンベル・スコット、「フィアレス」のイザベラ・ロッセリーニ、「日の名残り」のアンソニー・ホプキンス。


配給ヒューマックスピクチャーズ=ギャガ・コミュニケーションズ
制作国イギリス ドイツ (1993)
ジャンル 

1994年05月07日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作総指揮
製作
撮影
美術
音楽
録音
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
キャンベル・スコット (Campbell Scott)Leonard_Markham
イザベラ・ロッセリーニ (Isabella Rossellini)Maria
アンソニー・ホプキンス (Anthony Hopkins)Bob_Glass
ローナルト・ニチュケ (Ronald Nitschke)Otto
ハート・ボックナー (Hart Bochner)Russell
ジェームズ・グラント (James Grant)Mac_Namee
ジェレミー・シンデン (Jeremy Sinden)Cpt._Lofting
リチャード・ダーデン (Richard Durden)Black
コーリイ・ジョンソン (Corey Johnson)Lou
リチャード・グッド (Richard Good)Piper
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック