ヴィトゲンシュタイン

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(少年期=クランシー・チャッセイ、青年期以後=カール・ジョンソン)は、1899年にウィーンで工業界の大物の息子として生まれた。家庭は裕福だったが、不運に見舞われていた。彼は9人兄弟の末っ子で4人の兄がいたが、うち3人が自殺していた。残ったパウルは、第一次大戦中に右腕を失うというハンデにもかかわらず、コンサート・ピアニストとして活躍した。ケンブリッジ大学に進学したヴィトゲンシュタインは、情熱に満ちた才気あふれる思想家バートランド・ラッセル(マイケル・ガウ)の援助を受けていた。当時の学内には、ラッセルの愛人であるレディ・オットリーン・モレル(ティルダ・スウィントン)や、経済学で著名なメイナード・ケインズ(ジョン・クェンティン)らがいた。ヴィトゲンシュタインの知性的自己開発の探究は、彼の空想の産物であるミスター・グリーン=緑の火星人(ネイビル・シャバン)との対話形式で語られる。彼はまた同性愛者だったが、恋人ラッセルとは決裂してしまう。第一次大戦に従軍中、記念碑的な著作『論理哲学論考』を完成。復員後はオーストリアの田舎の教師として生徒たちの教育に当たるが、ある女生徒を殴打する事件を起こし、教師を辞めさせられる。その後、ロシアでは肉体労働者として働くなど各地を転々とするが、その間、一生を通じて自己疎外感と闘った。1929年にケンブリッジに戻ってからの彼は、再び哲学への思索に打ち込む。「素晴らしい人生だったと伝えてくれ」との言葉を最後に残して、ヴィトゲンシュタインは51年にガンで亡くなった。


解説

20世紀最大の哲学者のひとり、ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの波乱に満ちた生涯とその思想を、独特の視点で描いた伝記映画。監督は94年2月にエイズで死去した「ザ・ガーデン」「エドワードII」のデレク・ジャーマンで、彼の最後の劇映画となった。脚本は、ジャーマンとオックスフォード大教授で作家のテリー・イーグルトン、ケン・バトラーの共同。製作はマリク・アリ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・ガーデン」の浅井隆と、ベン・ギブソン。撮影はジェームズ・ウェランド、音楽はジャン・レイザム・ケーニッグ。主演は、ジャーマン監督作「テンペスト」にも出演したカール・ジョンソン。共演は「バットマン」のマイケル・ガウ、ジャーマン作品の常連ティルダ・スウィントンほか。


配給アップリンク
制作国イギリス 日本 (1993)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1994年03月26日より



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
カール・ジョンソン (Karl Johnson)Ludwig_Wittgenstein
マイケル・ガフ (Michael Gough)Bertrand_Russell
ティルダ・スウィントン (Tilda Swinton)Lady_Ottoline_Morrell
ジョン・クェンティン (John Quentin)Maynard_Keynes
Kevin Collins (Kevin Collins)Jonny
クランシー・チャッセイ (Clancy Chassay)Young_Wittgenstein
ネイビル・シャバン (Nabil Shaban)Martian
Sally Dexter (Sally Dexter)Hermine_Wittgenstein
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック