セリーヌとジュリーは舟でゆく

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

公園のベンチでジュリー(ドミニク・ラブリエ)は魔術の本を読んでいる。そこにセリーヌ(ジュリエット・ベルト)が走ってきて、落とし物をし、走り去る。ジュリーはそれを拾い、渡そうと追いかける。やがてセリーヌはホテルで、魔術師と称しチェック・インする。翌朝ジュリーはホテルのロビーで、セリーヌに落とし物の中のマフラーを渡す。ジュリーは図書館員、その図書館にセリーヌの姿が見える。ジュリーがアパートに帰ると、怪我をしたセリーヌがドアの前に佇んでいた。翌日、ジュリーは校外の屋敷に出掛け、セリーヌはジュリーの玩具箱から屋敷の写真を見つける。そこにジュリーの幼友達のグレゴワール(フィリップ・クレヴノ)から電話があり、セリーヌはジュリーになりすまし、バーで手品を披露する。屋敷から抜け出したジュリーは、手品を見物しながら、屋敷の中の映像を幻視する。部屋に戻ったふたりは、屋敷の謎を解こうとする。ジュリーは屋敷かち出る時くわえていたキャンディを舐めると、幻視できることに気づく。さらに翌日、セリーヌが屋敷に出掛けていく。ジュリーもセリーヌを助けにいくが中に入れない。戻ったふたりはキャンディを舐めて、夢のような物語のあらすじをつかもうとする−−妻に先立たれたオリヴィエ(バーベット・シュローダー)という男が、娘のマドリン(ナタリー・アズナル)と義理の姉カミーユ(ビュル・オジェ)、亡妻の友人ソフィ(マリー・フランス・ピジェ)と屋敷で暮らしている。カミーユとソフィはどちらもオリヴィエを愛しているのだが、妻の遺言でマドリンのいる間はオリヴィエは再婚できない。ふたりのうちどちらかがマドリンを殺そうとしている。病弱なマドリンのために付き添い看護婦として働いているのがセリーヌとジュリー。物語の結末では、マドリンが毒殺されてしまう−−キャンディがなくなり続きが見られなくなったふたりは、魔術本を図書館から盗み、それを参考に薬を調合する。薬を飲んだふたりは、夢の中に入り込み、自分たちの意志で行動できるようになる。ふたりはマドリンを助け出し、池の上を滑るボートに乗って去っていく……。そして再び冒頭の場面。公園のベンチでセリーヌは魔術の本を読んでいる。そこにジュリーが走ってくる。


解説

魔法のキャンディの力で夢の世界へ自由に行き来する二人の女の冒険を描くファンタジー。監督は「美しき諍い女」のジャック・リヴェット。製作は「北の橋」のバーベット・シュローダー。脚本はリヴェットと、「巴里ホテルの人々」のジュリエット・ベルト、「ジョナスは2000年に25才になる」のドミニク・ラブリエ、「北の橋」のビュル・オジェ、「バロッコ」のマリー・フランス・ピジェら四人に出演者たちの共同。撮影はジャック・ルナール。音楽は「厚化粧の女」のジャン・マリー・セニアが担当。他の出演は「ロザリンとライオン」のフィリップ・クレヴノなど。


配給コムストック=テレビ東京
制作国フランス (1974)
ジャンル 

1993年07月17日より



スタッフ

監督
脚本
台詞
製作
撮影
音楽
録音
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
ジュリエット・ベルト (Juliet Berto)Celine
ドミニク・ラブリエ (Dominique Labourier)Julie
ビュル・オジエ (Bulle Ogier)Camille
マリー=フランス・ピジェ (Marie-France Pisier)Sophie
バーベット・シュローダー (Barbet Schroeder)Olivier
フィリップ・クレヴノ (Philippe Clevenot)Guilou
ナタリー・アズナル (Nathalie Asnar)Madlyn
マリー・テレーズ・ソシュール (Marie Therese Saussure)Poupie
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック