タンゴ(1992)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

セスナ機乗りのヴァンサン(リシャール・ボーランジェ)は、妻の浮気を知って飛行機で追いつめて相手の男を殺してしまう。そして妻のエレーヌをも得意の曲芸飛行で空から放り出して葬ってしまった。だが裁判では不思議にも無罪を言い渡される。ポール(ティエリー・レルミット)は、何回目かの浮気がバレて、愛妻のマリー(ミュウ・ミュウ)に愛想をつかされて家出されてしまった。マリーに逃げられて一か月、傷心のポールは叔父のエレガン(フィリップ・ノワレ)の元に相談に来る。エレガンは女好きだが生涯を独身で通し、つねづね男と女は一緒に暮らせないと考えていた。彼はヴァンサンの裁判で証拠物件を隠し、無罪へと導いた裁判官だった。「妻のことが頭から離れない。こんなことで気をもむくらいなら、いっそ死んでくれたほうがましさ」とのポールの言葉に、エレガンはヴァンサンにマリーを殺させようと思い立つ。弱みを握っているヴァンサンが断るはずがなかった。いまいち煮え切らないポール、いやいや殺し屋役を引き受けたヴァンサン、いつになく嬉々とするエレガン。三人組の奇妙な殺人計画の旅が始まった。「国境なき医師団」に参加しているマリーの後を追って、一行はセスナで一路アフリカへ。ついにマリーを捜し当て、ヴァンサンは拳銃で彼女を撃ち殺す。これで永遠に自由、かつ幸福になれたと思ったポール。だが本当は途方に暮れ、全く幸せではなかった。男は女なしでも暮らせないのだ。三人で旅をしている時にカーステレオから流れていたタンゴのメロディーが、ポールの背後で鳴り始めた。そう、タンゴは1人きりでは踊れない。しかも男と女でなきゃ始まらないんだ……。やっと悟ったポールの前にマリーが微笑みながら現れた。全てはエレガンの仕組んだ狂言だったのだ。


解説

三人の男やもめの奇妙な殺人計画を通して、男と女の心情の機微をコミカルに描いた物語。監督・脚本は「髪結いの亭主」のパトリス・ルコントで、パトリック・ドヴォルフが脚本に協力。製作は「プロスペローの本」のフィリップ・カルカソンヌとルネ・クレイトン、撮影は「妻への恋文」のエドゥアルド・セラ。音楽は「二人のロベール」(V)のアンジェリーク&ジャン・クロード・ナションの夫婦コンビが担当。全編に流れるタンゴの曲は、本作のためのオリジナルでレイナルド・アンセルミの歌う「背信」。出演は「伴奏者」のリシャール・ボーランジェ、「妻への恋文」のティエリー・レルミット、「魚のスープ」のフィリップ・ノワレ。「読書する女」のミュウ・ミュウ、「美しすぎて」のキャロル・ブーケらが脇を固めている。


配給アルシネテラン
制作国フランス (1992)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1993年10月02日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
編集
字幕

キャスト

俳優名役名
フィリップ・ノワレ (Philippe Noiret)I'Elefgant
リシャール・ボーランジェ (Richard Bohringer)Vincent
ティエリー・レルミット (Thierry Lhermitte)Paul
ミュウ・ミュウ (Miou Miou)Marie
ジュディット・ゴドレーシュ (Judith Godreche)Madeleine
キャロル・ブーケ (Carole Bouquet)La femme
ミシェル・ラロック (Michele Laroque)Helene
ジャン・ロシュフォール (Jean Rochefort)Garcon d'etage
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック