格闘飛龍 方世玉

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

中国、清王朝時代は乾隆帝の御世。実は漢民族の血をひく帝は夜な夜な暗殺の悪夢にうなされ、ついに心配の種を取り除く決心をする。−河南。少林寺の達人で女丈夫の母苗翠花(ジョゼフィン・シャオ)と、硬骨漢として通る父方(チュウ・コン)を親に持つ、染め物屋の一人息子で町の若頭として通る方世玉(リー・リンチェイ)は、見知らぬ美女(ミシェル・リー)と知り合う。彼女は成金の雷虎(チュン・ソンユン)の娘だった。新参者の雷虎は地元民の人気獲得のため、愛娘の婿取りを賭けて、争奪戦を決行。サイヨは、拳法の達人の雷の妻李小環(シベール・フー)相手に勝負に出て、空中戦、群衆の頭上戦を制するが、すんでのところで肝心の娘−実は本人はその場から逃げていたため、お付きが身代わりだった−のご面相をみてわざと負けて帰る。それを聞いた母は怒り、男装してサイヨの兄と称して妻と闘い、もちろんあっけなく勝ったはいいが何と相手に惚れられてしまう。結局、大騒動のあげくサイヨはと再会、幸せな気分で結婚する。ところがその矢先、乾隆帝の手先、九門提督(ジャウ・ウェンジュオ)が当地を訪れ、漢民族再興を掲げた秘密結社、紅花会のシンパである父を捕らえる。サイヨらは逃亡するが、義理の母と親友を敵に殺される。サイヨは、母たちをひそかに逃がしたあと、単身父を救出に乗り込む。超人的な技をもつ紅花会の首魁陳家路(アダム・チェン)を伴い、戻ってきた母たちの助けも借りてサイヨは奮戦、見事父を救い、提督を倒した。かくして、サイヨは陳の養子となり、紅花会のために活躍する日々がはじまったのだった……。


解説

中国、清王朝時代の漢民族の伝説的武道家、方世玉(フォン・サイヨ)の活躍を描くクンフー・アクション。監督は「アンディ・ラウ 神鳥聖剣」のイウチョン。脚本は技安、陳健忠、蔡康永、撮影はジングル・マー、音楽はジェームズ・ウォン、ロメオ・ディアズ、マーク・ライ、編集はチョン・イウチョン、武術指導は監督とユエン・タクのコンビがそれぞれ担当。主演・製作(李陽中名義)は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのリー・リンチェイ。共演は「いつも心の中に」のジョゼフィン・シャオ、「スウォーズマン 女神伝説の章」のミシェル・リー。また敵役でリーが3作目で降板した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズの『同4/天地覇王』『同5/天地撃攘』(両作共V)で主演を張ったジャウ・ウェンジュオが出演、香港映画ではおなじみの英雄、黄飛鴻の新旧役者対決がみられるのが面白い。そのほか、「城市特警」のチュウ・コン、「悲情城市」のチェン・ソンユン、「七福星」のシベール・フー、「蜀山 天空の剣」のアダム・チェンら多彩なキャストが脇を固める。ちなみに方世玉は、黄飛鴻の師匠筋にあたる実在の人物である。別邦題「レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍」。


配給HRSフナイ
制作国香港 (1992)
ジャンル 

1995年04月22日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
音楽
編集
字幕
スタント・コーディネーター

キャスト

俳優名役名
ジェット・リー (Jet Li)方世玉(フォン・サイヨ)
ジョゼフィン・シャオ苗翠花(ミァオ・チーファ)
ミシェル・リー (Michelle Reis)(ティンティン)
チウ・マンチェク (Wing Zhao)九門(カウモン)提督
チュウ・コン (Chu Kong)方(フォン)
チェン・ソンユン雷虎(ルイ・フー)
シベール・フー (Sibelle Hu)李小環(リー・シウワン)
アダム・チェン (Adam Cheng)陳家路(チェン・ガーロ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック