アウシュビッツ 愛の奇跡 コルベ神父の生涯

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ポーランド人コルベ神父は一九三〇年、三十六歳の時、東洋への宣教を夢みて、二人の修道士とともに長崎にやってきた。すさまじいほどの極貧の中で、彼らは働いた。その結果、来日一ヵ月にして日本語版「聖母の騎士」を創刊。冬は火もなく、パンとお茶だけの生活に、乞食坊主とののしられ、戦時色が深まるにつれて敵性国民として警察にも監視される。三六年、神父はポーランドへ帰国した。三年後、ナチスドイツのポーランド侵攻、そして四一年、聖職ゆえ逮捕されアウシュビッツへ送られる。餓死刑が宣告され、狂乱する若い囚人の代わりに、コルベ神父が身代わりを申し出た。三週間後、コルベ神父は毒殺された。四一年八月十四日、彼があれほど尊敬した聖母マリアの被昇天祭前日のことであった、地下牢からは、たえず祈りと聖歌が流れ続け、「彼の顔は安らかさに満ち、輝いていた」と兵士は語った。


解説

愛に生き、平和をかかげて死んだコルベ神父の足跡を描く。脚本・監督は「マザー・テレサとその世界」の千葉茂樹、撮影は河内豊英がそれぞれ担当。


配給
制作国日本 (1981)
ジャンル 

1981年11月05日より



スタッフ

監督
監修
脚本
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール
製作協力

キャスト

俳優名役名
津嘉山正種 (Masane Tsukayama)マキシミリアノ・コルベ
東恵美子マリア・ドンブロスカ
久世龍之助ゼノ修道士
名取幸政ヒラリオ修道士
大塚国夫解説者
森塚敏早坂司教
村田則男ミロハナ神学生
立石尚友ダミアン神学生
植田敏生ジグムンド修道士
嶋崎伸夫ゼベリノ修道士
立沢雅人田北耕也
久保幸一大勝刑事
児玉譲次医師
浅見比呂志信者・深掘
平田守収容所長
土師孝也ガョヴィニチェク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック