ジェラシー・ゲーム

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

駿河新一、晴子の夫婦は経営する喫茶店を休業して、オートバイで北海道を旅していた。二人の脇を、親に内緒でドライブをしている若いカップルの衛児と陽子が通り抜けた。新一と晴子が河原で休んでいるとき、新一は晴子がコーヒーをいれたのを忘れて、自分でコーヒーを作って飲んでしまい、彼女は気分を害してしまう。新一はいつまでも怒り続ける晴子を残して一人で出発した。暫く走ると、道路に陽子が倒れているのを発見し、彼女を後に乗せてまた走り出した。陽子は衛児に棄てられたと言う。一方、晴子は衛児にひろわれ、ドライブインに食事に入った。そこへ、新一と陽子が現れ、奇妙な組み合せに、二組は重い沈黙に包まれた。その晩、新一と陽子はテントの中で体を重ねた。一方、晴子と衛児もホテルで関係を結ぶが、若さでアセる衛児に、晴子は疲れるだけだった。翌日も二組は、相手を憎みながら走り続けた。暫くして、晴子はラジオで自動車事故を起こしたカップルが死亡したことを聞いた。それは、新一と陽子らしく、晴子と衛児は病院に駆けつけるが、事故死したのが二人でないことを知り、ホッとする。当の新一は、晴子とそろそろヨリを戻すべく、旅行スケジュールの通り、札幌のホテルに向った。部屋で晴子を待っていると、陽子が入って来た。そのとき、テレビのニュースが、晴子と衛児が事故死したことを報じていた。茫然とする新一に、陽子は、これから二人で生きようと言うかのように笑みを浮かべた。新一は陽子を振り切るように部屋を出ると、バイクをスタートさせるのだった。


解説

北海道を舞台に、三十代の夫婦と二十代のカップルがささいなことから入れ替ってしまう関係を描く。脚本は「ザ・レイプ」の田中晶子、監督も同作の東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当。


配給にっかつ
制作国日本 (1982)
ジャンル 

1982年08月06日より



スタッフ

監督
脚本
企画
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
夏木陽介 (Yosuke Natsuki)駿河新一
大信田礼子駿河晴子
村上弘明 (Hiroaki Murakami)芳賀衛児
高橋ひとみ (Hitomi Takahashi)陽子
中丸信検問の警官
椎谷建治マスター
堂下勝行若い男A
加藤益弘若い男B
難波利幸若い男C
井上博一病院の父
浜田友里子
大竹かおる歌手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック