関東テキヤ一家 喧嘩仁義

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

関東テキヤ、菊水一家の国分勝は弟分の佐貫五郎とともに兄弟分浪花桝一家の結城を頼って大阪入りした。国分は風の便りでこの大阪にいるという将来を誓った道子を捜し歩くうち、岡山観音寺一家花井清蔵から破門されている潮田鉄治と知り合い、意気投合した。そのころ、岡山山王一家的場信之は近づく西大寺はだか祭りの花井の庭場を奪うため、そのネタ元の浪花桝一家をつぶそうと狙っていた。そして、その手先石堂のため、国分と結城はまんまと危機にさらされた。だがこの時、同じ岡山で縄張りを分け合う花井の男意気によって救われ国分は花井に身柄をあずけ、結城はこの策略にそそのかされた彼の弟徹の責を負って、自ら破門の身となった。的場は花井に御宝木のネタ商いを手伝いたいと申し出て、断わられると挑発行為に出た。国分はその愚連隊の中に徹をみつけ、彼をいさめるために連れ込んだバーで、道子と再会した。しかし、今は的場の女と知ると、そっけなく追い返すのだった。ところで的場は花井の庭場に執念を示し続けるが、花井はうけつけず、折りしも開かれた総会の席上、いざこざの罪を背負い指までつめた国分の姿に居並ぶ帳元衆もこぞって花井に、同調を示すのだった。一方、国分を追って岡山に来た結城は的場に監禁された道子と徹を救うため、花井を殺すことを引き受けるが、観音寺一家に現われた結城はわざと刺され、居合わせた潮田に救い出された。堪忍袋の緒を切った国分と、潮田は山王一家へ殴り込み、潮田は石堂に刺殺された、が、国分は遂に脇腹にドスを受けながらも、的場に怒りの刃を刺し込んだ。


解説

「現代任侠道 兄弟分」の村尾昭、「渡世人列伝」の志村正浩、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」の鈴木則文が脚本を共同執筆し、鈴木則文が監督したテキヤシリーズ第二作。撮影は「極悪坊主 念仏人斬り旅」の増田敏雄が担当した。


配給東映
制作国日本 (1970)
ジャンル 

1970年03月05日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
菅原文太 (Bunta Sugawara)国分勝
葉山良二結城義雄
南利明佐貫五郎
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)臼井道子
金光満樹結城徹
時美沙芦沢エミ
天津敏的場信之
今井健二石堂剛
加藤嘉倉成徳次郎
名和宏杉浦到
唐沢民賢イタチの平助
国一太郎三上
白川浩三郎
沼田曜一瀬川
秋山勝俊野上
笹木俊志望月
阿波地大輔田口宗雄
高並功猪野守男
北川俊夫三鬼洋平
友金敏雄船場政
加藤匡志くいだおれの定
五十嵐義弘木村
永田光男有馬為次郎
沢彰謙高崎吉之助
村居京之輔熊木盛道
矢奈木邦二郎関口桂輔
中村錦司工場長
小島慶四郎犬飼
若水ヤエ子お万
小山陽子お恵
榊浩子高木みどり
那須伸太朗支配人
牧淳子ママ
島田秀雄竹造
疋田泰盛
蓑和田良太国松
山下義明大石
丸平峰子咲子
波多野博警官
宮城幸生運転手
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)潮田鉄治
長門勇花井清蔵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック