金も命もいらないぜ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

篠原丈次は愛用のオートバイに乗って、桂木鉱山の技師で恩人の植村を訪ねた。鉱山に向う途中、サブという男が現われ、丈次にスピード・レースを挑み、おまけに、拳銃を出して射撃競争までやった。勝負は丈次に軍配が上った。桂木鉱山は火が消えたようにさびれていた。管理人の宇野老人と、子供の秋子、健一はその原因を丈次に語った。−−三年前、社長桂木と植村は車の運転を誤り、崖下に転落して死んだ。それがきっかけで鉱山は没落した。従業員の一人、大館は桂木の弟源三をそそのかし、自分の鉱山拡張に懸命だった。丈次はなにかあると感づいた。老人の話が終った時、大館の配下辰たちが殴りこみをかけて来た。丈次にかなわぬとみた辰は拳銃を抜いた。それを脇からはたき落したのは、意外にもサブだった。彼は大館の弟だった。桂木の一人娘道子が、三年のアメリカ留学を終えて帰国した。大館は魔手を桂木鉱山と道子に延ばした。まず手始めに、イカサマ賭博に源三をひっかけ、七百万円の借金をこさえさした。借金のカタに大館は鉱山の権利書を要求した。源三はしかたなく、老人の目を盗んで大館に渡した。が、その後大館に崖から突落され、重傷を負いいっさいの記憶を失ってしまった。怒った丈次は大館の経営するキャバレー“ドリーム”に乗りこんだ。そこには拳銃が待っていた。丈次を心配して駆けつけた道子を、大館がさらって逃げた。丈次が追跡し、二人は断崖を背に対決した。卑怯にも大館はまた逃走を企てた。それを後をつけていたサブが捕え、警察に引渡した。男同士の友情は、丈次とサブを親友にした。晴れた山間の道を、丈次のオートバイが下って行く。道子や秋子たちが、いつまでもそれを見送った。


解説

「アマゾン無宿 世紀の大魔王」の松浦健郎が自らの原作を脚色し、「若い涙を吹きとばせ」の小林恒夫が監督したアクションもの。「天下の快男児 旋風太郎」の三村明が撮影した。


配給ニュー東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年07月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
水原一郎篠原丈次
木村功サブ
三田佳子 (Yoshiko Mita)道子
小林裕子秋子
山形勲大館
加藤嘉源三
藤山竜一宇野老人
梶すみ子チカ
安藤三男
平凡太郎オートバイ修理員
轟謙二大館の乾分
森弦太郎大館の乾分
田川恒夫大館の乾分
三重街竜大館の乾分
最上逸馬大館の乾分
久地明大館の乾分
谷本小夜子婆や
滝鎌太郎医師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック