旅がらす花嫁勝負

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大喧嘩の最中、再会を喜び合ったのは二人のやくざ、侍あがりの秀と旅鴉の新太郎で、助ッ人稼業の先輩と後輩だ。暴力酒場でスッテンテンにされた二人は、美しい娘のいる貸元の家にもぐり込み、やがては二代目襲名などとガメツイ考えを起すが、行けども行けども御難つづき。やっとたどり着いた片倉一家に、お由美、お加代という美しい姉妹がいたので、途端に二人はハリきる。姉妹の方もまんざらでない様子だが、とんだ邪魔者が現れた。代貸の芳造が旅から帰って来たのだ。芳造は不動の錠太郎と計って、親分庄次郎に女郎屋開業を勧めるが、堅い庄次郎は受けつけない。お由美と夫婦になって縄張りを狙う芳造は、なにかにつけて秀と千太郎に妨害されるので面白くない。ついに、錠太郎は祭礼の夜、庄次郎を手にかけた。いきり立つ秀たちを押しとめた庄次郎の女房お勝も、喧嘩状をつきつけられるや長脇差を握った。秀たちの獅子奮迅の働きで錠太郎は討たれ、留守居の姉妹を襲った芳造も新太郎に斬り倒された。江戸へ帰って侍に戻るという秀に、お由美がついて行く。見送るのは新太郎とお加代だった。


解説

「気まぐれ鴉(1961)」につづく“旅鴉シリーズ”の一編。スタッフも前作と同じ。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1961年10月07日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
品川隆二侍あがりの秀
山城新伍旅鴉の新太郎
北竜二 (Ryuji Kita)片倉の庄次郎
凰衣子お勝
美川純子お由美
花園ひろみお加代
伊沢一郎下仁田の芳造
坂東好太郎 (Kotaro Bando)不動の錠太郎
立原博三次
波多野博丑松
鈴木金哉鉄造
五里兵太郎竜崎の親分
仁礼功太郎寺田の助八
野間勝良板前
汐路章 (Akira Shioji)やくざ
若井緑郎中盆の男
浜田伸一丸花親分
津村礼司山常親分
大浦和子山常親分の娘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック