パーマネント・ブルー 真夏の恋

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

瀬戸内海の島々の緑が、夏の太陽に映えて一段と美しい愛媛県今治市のとある漁港。その日、一人の女が砂にうずくまって、まるで死人のように動かないでいるのを少年は見た。女は眼を開いた。顔色が悪い。身なりも汚ない。ズック靴も泥で真黒だ。ヒッピーというのか、まるでドブねずみだ。少年は、かかわりたくないと思いそのまま素通りしたが、かなり行って足を止めた。その女のことが気になった。病人かも知れない。一体、何者なのだろう。少年は女を自分の家へ連れていこうとした。寝かせて、食事をさせれば元気になるかも知れない。少年の家は旅館を営んでいた。女を部屋に寝かせて、死人のような寝顔を見た。少年と眼が合ったが、口をきこうともしない。有難うでもないのだ。なんて奴だ、元気になったら叩き出してやる、少年はそう思った。何日か経った。女は少年の旅館で働きだした。それがとても楽しく見えた。夜遅く、女の湯上がり姿を見て、少年はドキンとした。その晩、少年は女の部屋に西瓜を届けた。女は寝ていた。突然「機動隊粉砕、赤学同センメツ、熱い!燃える!」と女は小さく叫んだ。寝言を聞いて、少年は愕然とした。あくる日、内ゲバ殺人事件の犯人が今治あたりに潜伏しているとの情報で、警察の捜査が軒並み開始された。少年は夢を見た。女が手錠をかけられて、連れていかれる夢だった。そうだ! 女を安全な場所へ連れて行ってかくまってやろう、と少年は思った。月の光が女の顔を美しく照らし出した。少年はその頬に一筋の光るものを見た。びっくりして、女の顔を覗き込んだ。女は不意に少年の手を握りしめた。女は泣いていたのだ。まだ子供でしかない男の胸に顔を埋め、肩をふるわせ泣いていた。翌朝、少年と女は別々に港を離れて、島へ逃げた。女は黙ってついて来た。少年は島の裏側にある洞くつに女と向った。穴の入口には雑草がおおい茂って入口をそっと穏していた。草と草の間には、海があり、空があり、女の眼は輝いていた。この洞くつで二人の奇妙な同棲生活が始った。夜、二人は海に出た。少年も女も全裸になって泳いだ。冷たく気持のいい海の中で、女は小さく叫んだ。「あんたを愛してるわ、初めて逢ったときから。あんたのような人は初めて」と。二人は抱き合った。情熱が真夏の太陽のように激しく燃えた。甘い、いままで体験したことのない感触だった。いつかこの島から逃げよう、そして二人で生活しよう。少年は心の中で決め、女に話した。女は大きくうなづいた。少年は、当分の生活のための物資を調達しようと島を離れた。だがその頃、警察の手はすでに町全体に伸びていた。女が島へ逃げたことも分っていた。「若林京子だね」「一緒に来てもらおうか」刑事にうながされて、女は素直にうなづいた。女が捕ったことを少年は知らずに島へ戻って来た。島に女はいなかった。頬から涙がとめどなく流れた。タ陽が沈んで、すでにあたりは暗くなりかけていた。夏の終りも近いようだ。二人が想い出のために書いた文字が、少年の眼にあらためて映った。−−パーマネント・ブルー 八月のいろ ぼくのこころ


解説

瀬戸内海に面した四国の港町を舞台に、過激派女子大生とひとりの受験生の間に芽生えた愛が壊れるまでを描く純愛篇。脚本は「凍河 とうが」の石森史郎と「さらば夏の光よ」のジェームス三木の共同、監督は「忍術猿飛佐肋」の山根成之、撮影は「凍河 とうが」の坂本典隆がそれぞれ担当。


配給松竹
制作国日本 (1976)
ジャンル 

1976年09月23日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
制作補
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作進行
助監督
スチール
製作宣伝

キャスト

俳優名役名
秋吉久美子 (Akiyoshi Kumiko)
佐藤佑介少年
岡田英次 (Eiji Okada)少年の父
南美江女中とよ
佐野浅夫加治木巡査
神保美喜加治木の娘マリ
夏純子新子
宗方奈美時子
原田美枝子 (Mieko Harada)女店員
財津一郎真田刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック