宇能鴻一郎のあげちゃいたいの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

北沢ユリは、会社で行なわれる成人式へ向っていた。超満員の電車の中で、ユリは痴漢に襲われる。振袖姿で見動きがとれないユリは痴漢になすがままにされた。成人式の帰りに、ユリは課長の真山にしつこくいい寄られるが、彼女は同僚の浦川を愛していたので拒むのだった。そんな時、社員旅行でスキー旅行に行く計画が発表される。気持に胸おどらせるユリはバスの中で憧れていた浦川と隣り合う。夜のバスの中で、社員は闇に乗じて愛し合っている。そんな周囲に刺激された浦川はユリを求めてせまっていく。だが、その時バスが急ブレーキをかけたため、二人は目的を達成できずに終わった。旅館に到着した晩ユリは課長に襲われる。あまりの強引さに、ユリは浦川のことはあきらめて、覚悟を決めた。その時、仮面をつけた男が現れ、課長を殴り倒してしまう。殴りかかった男が浦川であると知ったユリは、嬉しさのあまり彼の胸にとび込んだ。ユリの愛を知った浦川は彼女を強く抱きしめるのだった。入社して以来ユリが心に秘めていた浦川ヘの思いが、嬉しさのあまり彼女を勇気づけ、大胆な行動をとらせたのである。どこかたよりない浦川も、ユリに励まされ、彼女を幸せにすると心に誓うのだった。


解説

会社を舞台に、OLと彼女たちを狙う男性社員がくりひろげる騒動を描く、宇能鴻一郎の同題名小説の映画化。脚本は「団地妻 雨やどりの情事」の久保田圭司、監督は「若妻日記 悶える」の林功、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。


配給にっかつ
制作国日本 (1978)
ジャンル 

1978年01月07日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
制作補
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
八城夏子北沢ユリ
梓ようこ秋本ケイ子
岡尚美桜井桃江
森川麻美桂木アケミ
たけうちのぶし浦川
大矢甫安田
影山英俊池部
多田幸雄真山課長
浜口竜哉佐々
小見山玉樹松木
尾崎ひろを松葉杖の男
水木京一チカン集団
近江大介チカン集団
北上忠行チカン集団
宮本博若い男
中川夕子勝子
雪丘恵介重役
橘田良江バーのママ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック