黒薔薇夫人

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ブルターニュから帰国し、羽田空港で夫・耕作とその秘書・津村に迎えられた南原沙織は、翌朝、高層マンションの一室で目をさました。その部屋には、津村のほかに新聞記者の田山という男もいた。田山は沙織を緊縛し、愛撫を続ける。数日後、南原邸に鉄製の檻が運びこまれた。耕作は田山と沙織の痴態の写真を彼女につきつけると、田山や津村らを呼び出し、彼女を裸にした。檻にいれられた沙織は、耕作らに激しく責められる。緊縛された沙織も、いつしか性の虜と化し、果てしない快感にひたるのだった。


解説

夫に激しい性行為を強いられた妻が、次第に快感を抱いていく姿を描く、団鬼六原作の同題名小説の映画化。脚本は「教師女鹿」の桂千穂、監督は「肉体の門(1977)」の西村昭五郎、撮影は「女教師」の前田米造がそれぞれ担当。


配給にっかつ
制作国日本 (1978)
ジャンル 

1978年04月01日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
製作
制作補
撮影
美術
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
谷ナオミ南原沙織
田島はるか相良愛子
志賀圭二郎津村秀雄
結城マミ津村美津子
古川哲唱田山浩之
大河内稔南原耕作
高橋明松岡鋭二
大川宏松岡の手下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック