女高生 天使のはらわた

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

川島哲郎、梶間、貞国の三人は都会の底辺で生きながら、無軌道の限りをつくす若者たちである。しかし、兄貴分の哲郎は唯一の肉親である妹のメグをまともに育てたいと思っていた。ある日、哲郎はメグを乗せてオートバイを飛ばしていると、仲間の梶間と貞国が女子高校生の名美に悪戯をしようとしているところを見つけた。妹の手前、名美を救ってしまった哲郎に、梶間は苦々しい言葉を吐いて立ち去るのだった。その夜、そんな梶間の態度を気にした哲郎が詫びを入れに行くと、彼は哲郎に名美を犯してみせろと迫るのだった。名美を犯してみせると言った哲郎だが、その約束とは裏腹に、何故か彼女のことが気にかかった。しかし、哲郎は名美を犯した。だが、続いて彼女を犯そうとする梶間を拒んだ哲郎は仲間から孤立する。数日後、哲郎を待っていたメグは梶間に連れ去られ、悪戯されそうになるが、すんでの所で逃げ出す。その頃、アパートで妹の帰りを待っていた哲郎は、気になって夜の街へと飛び出した。しばらくすると、服もはだけ、茫然としている妹を彼は見つけた。彼女を乗せてアパートに向かう途中、覆面パトカーに掴まった哲郎は逆上して刑事を殴り逃走してしまう。アパートに帰って落ち着きを取り戻した彼は自主しようと家を出ると、そこで、梶間と貞国に出会った。三人はいきがかり上、ヤクザと喧嘩をしてしまい、そのうちの一人を貞国が刺してしまった。茫然と立ちつくす貞国を逃がし、全ての責任を被ろうとする哲郎の背後にパトカーのサイレンが迫っていた−−。


解説

荒涼とした都会の底辺で生きる兄と妹を軸に、青春という無明の闇に踏み迷う若者たちの生きざまを描く。石井隆の同名の劇画の映画化。脚本は深水龍作と池田敏春、監督は「性愛占星術 SEX味くらべ」の曽根中生、撮影は「若妻が濡れるとき」の水野尾信正がそれぞれ担当。


配給にっかつ
制作国日本 (1978)
ジャンル 

1978年07月22日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
制作補
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール
出演(声)

キャスト

俳優名役名
深水三章 (Sansho Shinsui)川島哲郎
川島めぐ川島恵子(メグ)
河西健司梶間
樋口達馬貞国
織田俊彦土屋真
渡辺とく子奈津江
堀勉外車の男
工藤麻屋 (Maya Kudo)外車の女
深水龍作刑事A
加治良介刑事B
風間健ヤクザ
藤馬義公サラリーローンの男A
古宮和幸サラリーローンの男B
山野上智子バーの女給
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック