エロス学園 発情時代

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

中学三年の高野弘は、斡旋人、富田の紹介で、有閑夫人を相手に売春をしている。おかげで授業中は居眠りばかり、憧れの女教師、圭子に注意される。そんな弘も、好きなクラスメートの明子の前では口もきけない。友人の潤が二人を結ぼうと、チンピラを金で雇い明子を襲わせ、弘に助けさせる芝居を演出した。計画はうまくいき、潤の部屋で二人きりになったが弘はただジッとしているばかり。明子は軽蔑の眼差しを残して立ち去った。意気消沈の弘はその晩も富田の斡旋で仕事に向かう。弘はやるせなさを爆発させるかのように荒々しく絡んだ。だが、女の香水に億えがあった。何んと、相手の女は全生徒憧れの女教師、圭子だ。一方、弘が相手とも知らぬ圭子は「早くして坊や」と悶え狂う。官能の宴が終って、圭子は相手が弘と気づくのだった。翌日、いつもおどおどしていた弘は、圭子を正視していた。夕方弘は圭子の部屋で昨夜以上に燃えた。潤にたのまれ明子を襲ったチンピラは金をもらえず、頭にきて、下校中の明子を車に連れ込み、交互に犯した。それを知った弘は二人に決闘を申し込んだ。潤も応援にかけつけ、四人は激しく乱闘するが、喧嘩なれしているチンピラには歯が立たず、メチャクチャに打ちのめされるが、弘は男として満足感を覚えた。そして、明子は弘へのあらたな想いを抱いて転校していった。


解説

脂ぎった有閑夫人を相手に売春をする童顔の中学生の姿を描く。脚本は内山安雄、監督は「団地妻 狙われた寝室」の林功、撮影は「団鬼六 花嫁人形」の水野尾信正がそれぞれ担当。


配給にっかつ
制作国日本 (1979)
ジャンル 

1979年11月10日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
鹿沼えり三原圭子
田辺治郎高野弘
山崎義治権田潤
飯塚永梶木
大島登美子竹下明子
茜ゆう子客の夫人
飛鳥裕子矢野夫人
沢木美伊子京子
鶴岡修富田
梨沙ゆり富田の女
橘田良江明子の母
影山英俊チンピラA
小見山玉樹チンピラB
玉井謙介明子の父
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック