ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

父の大吉、姉の英子、弟進次を失った中岡ゲンと母・君江の借り住いに兄の浩二と次兄の昭が帰ってきた。父に代って一家を支えていかねばという浩一の心いきに君江はうれし泣き。その君江は、八月六日、ピカの日に友子という赤ん坊を産み落としていた。ゲンと仲良しの隆太は友子を死なせないために、MP営舎に忍び込み、ミルクを盗んだ。ところが、それはミルクではなく、ペンキだった。しかし、その盗みが縁で、二人は復員兵の大場のグループに入った。その後も盗みを働いていた二人は、大場が孤児たちを使って稼いでいたことを知り、隆太は大場を射殺してしまう。大場と対立するヤクザ岡内にかくまわれた隆太はゲンの家に大金を届けると姿を消した。やがてゲンは学校に通いはじめ、そこでボスになる。一方、中岡家では友子がさらわれてしまい大騒ぎ、実は民吉と春という夫婦が被爆の日に子供を失ってしまい死の床で子の名を呼ぶ春の姿に民吉は思いあまって友子をさらったのだ。春は友子を抱いて死んでいく。全てを知ったゲンは民吉を許すのだった。その友子も原爆症に冒されていて、アメリカの薬があれば助かるかもしれないときくが、中岡家では買えない高価なものだった。八方手をつくしたゲンは朴さんから一万円を貰い、薬を買って家に走った。しかし、友子はすでに息絶えていた。ゲンは母の胸の中で泣きくずれるのだった。


解説

中沢啓治原作の同名人気劇画の映画化三作目。広島への原爆投下までを描いた一作目、原爆投下直後を描いた二作目に続く三作目は被爆後の二年間の出来事を追う。脚本・監督は「茗荷村見聞記」の山田典吾、撮影は佐藤昌道がそれぞれ担当。


配給その他
制作国日本 (1980)
ジャンル 

1980年07月05日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
原田潤中岡ゲン
丘さとみ母・君江
風吹ジュン (Fubuki Jun)野村スミコ
にしきのあきら中山少尉
桜木健一兄・浩二
東野英心民吉
小野進也熊井少尉
辻萬長ホワイトの政
丹古母鬼馬二
大泉滉
横山あきお杉作
林泰文 (Yasufumi Hayashi)隆太
奥忠義西谷先生
田尻晶子内儀
木原真由美ふく
樋口和子大里先生
麻里千亜子おんばあ
大竹国一郎中国人
小林義明飲み屋の客
若杜奏身あわもり
岡田裕司肥桶の男
林寛一
岡田潔巡査
姿鉄太郎巡査
平野稔軍医
宮沢元
深見博三次
日野道夫酒場の主人
村上不二夫
三代目江戸家猫八巡査
玉川長太文太
梅津栄ゴン
ケーシー高峰和尚
星清子ヨネ
岡田美穂英子
山田有夕子
入江若葉
奥山文史友子
加藤貴寿ドングリ
間崇史シンペイ
伊藤巧美ムスビ
玉木潤タヌキ
山越正樹カッチン
松下実加道子
川合誠二辰夫
小野瀬葉子竹子
七五木猛明子供A
千葉聡子供B
伊達直敏子供C
室園たかひろ子供D
大栗清史
剣弘紀雨森
草野大悟大場
沼田曜一中尾医師
山本麟一岡内組長
鈴木瑞穂 (Mizuho Suzuki)中岡大吉
財津一郎
赤塚不二夫 (Fujio Akatsuka)青塚
タモリ (Tamori)森田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック