アリババと40匹の盗賊

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アリハバ王国のアリババ33世は歴代最低の王だった。先祖が残した財宝も使い果たして、残るはふると魔物が出てくるきたないランプ一個だけだった。だがこの魔物、主人の命令ならなんでも聞くがネコが大の苦手。アリババは、警察署長に命じて、国中のネコを捕え洞窟に閉じ込めてしまった。これを見たハック少年は、護送中のネコ運搬車からネコを救いだして小屋にかくまった。救いだされたネコの親分ドラは、子分一同を代表して、ハックの手下になることを誓った。その中には先祖代々ハック家につかえるネズミのカジルもいた。その時、魔物の助けでハックたちの居場所をつきとめた兵士たちが火矢を放ってせめ込んできた。ハックたちは、一カ月後の再会を約束して逃げた。そして、ついにその夜がやってきた。ネコたちも全員集まると、カジルは一枚のジュータンを重そうにひっぱってきた。その空飛ぶ魔法のジュータンに乗ったハックとカジルは一足先に城にせめ込んだが、ジュータンがエンストを起こし、ハックとカジルは魔物に捕まってしまった。その時催眠術で鳥になったネコたちが空を飛んで城に到着。魔物は逃げだし、ハックは、アリババ王を打ちのめした。


解説

「千一夜物語」の中の一編である「アリババと40人の盗賊」をもとに、同じく「千一夜物語」にでてくる魔法のランプや空飛ぶジュータンを自由に加え、子供たちの空想をふくらまそうという東映動画第二十作目。脚本は、東映動画のカラー長編まんが「アンデルセン物語」や「長靴をはいた猫」の山元護久。監督はTVの漫画を手がけている設楽博が担当。1976年の「東映まんがまつり」でリバイバル上映されている。


配給東映
制作国日本 (1971)
ジャンル 

1971年07月18日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
作画監督
撮影
美術
音楽
録音
編集

キャスト

俳優名役名
大山のぶ代アルハック
滝口順平カジル
富田耕生 (Kosei Tomita)ランプの魔物
内海賢二 (Kenji Utsumi)ドラ
納谷悟朗 (Goro Naya)ゴロ
大塚周夫 (Chikao Ohtsuka)アリババ王
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック