白い女郎花

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

幕末の頃。お雪は江戸の商家へ年季奉公へ行くことになっていたが、玉入れ屋喜之助にだまされ、根津の岡場所、しぐれ屋に売られてしまった。打ちひしがれたお雪をはげますのは先輩女郎お勝だけだった。しかしお雪は、男に抱かれる度に艶やかに成長し身を女郎に染めていった。ある日、役人に追われた勤王の志士久世鉄太郎を助けた事から、鉄太郎に思いを寄せるようになる。鉄太郎は、大老井伊直弼が調印した不平等条約打破の協力をお雪に頼み、お雪が女郎から足を洗うだけの小判をおいて去ってしまった。お雪は、しぐれ屋に借金を返し、恋しい鉄太郎を求めて江戸の町を探し歩いた。ある日、道で足をくじいた老婆を介抱したことから、気に入られ、老婆の家に奉公する事になった。ところが、その家が鉄太郎の実家であり、鉄太郎に再会できたが、鉄太郎は既にお雪の事を忘れており、菊称という恋人がいた。かなわぬ恋と知りつつ一層奉公にはげむのだった。ある日、鉄太郎たち志士が計画している黒船焼打を喜之助が知り密告した、という事をお勝から知らされたお雪は、鉄太郎に知らせる。鉄太郎は仲間に知らせに行こうとしたが菊称は仲間と手を切るようにすがりつく。そんな菊称をお雪はしかるのだった。その真剣さに鉄太郎は以前自分を救ってくれたお雪だったことを思い出し、あらためてお雪の美しさと純真さを知り自分の行動を信じてくれるお雪とともに菊称のもとを去るのだった。井伊直弼が桜田門外で殺害された。鉄太郎は、今度は自分たちの番だと意気ごむが、仲間たちは最初からそんな気はなく、鉄太郎から金をたかるだけだったのだ。怒った鉄太郎は、激怒の白刃を抜く……。お雪が駈けつけたときには、彼は血の海に息たえていた。


解説


配給日活
制作国日本 (1972)
ジャンル 

1972年04月08日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
片桐夕子お雪
真湖道代お勝
原英美菊称
山科ゆり (Yuri Yamanashi)小糸
谷本一久世鉄太郎
高橋明喜之助
堺美紀子おたか
小森道子女将
大泉隆二清次
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック