性談 牡丹燈籠

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旗本飯島平左衛門は、妻に先立たれ淋しい日々を送っていた。しかしそれをよいことに女中お国は、平佐衛門に体でとり入り飯島家の実権を握ろうとしていた。平佐衛門にはお露という一人娘がいた。お国は自分の野心を達成するにはお霧が邪魔となり、お国の情夫源次郎といっしょにしようと企んでいた。一方、お霧は女中のお米と散歩中、浪人萩原新三郎と知り合い、互いに惚れあっていった。しかし、お国は、お露を別荘に閉じ込め、新三郎と会わせようとはしなかった。やがて、新三郎は、お露が彼に恋こがれて死に、お米もお露の後を追うように死んでしまった、と人ずてに聞いた……。お盆の近ずいたある夜、お米の持つ燈篭の明りとともにお霧が新三郎に会いに来た。若い二人は再会をよろこびあい、愛のちぎりを結ぶのだった。ところが隣に住む伴蔵が偶然、目撃し、お露たちが帰ってから今のは幽霊だったと、新三郎に知らせ、魔よけのお守りを持たせる。翌日、新三郎に近ずけないお霧は、伴蔵に百両渡し新三郎のお守りを盗ませた。新三郎はお露が幽霊であることが今でも信じられず彼女と深く妖しく愛しあい、やがて二人の魂は永遠に結ばれるのであった。


解説


配給日活
制作国日本 (1972)
ジャンル 

1972年06月28日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
小川節子お霧
原英美おみね
林美樹お国
谷本一萩原新三郎
橘田良江お米
榎木兵衛 (Hyoe Enoki)伴蔵
小泉郁之助飯島平左衛門
大谷木洋子女中
中平哲仟宮野辺源次郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック