女高生 肉体暴力

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ある日、体育館の片隅で、スケバンのユミ、めぐみ、サチコ、亜矢、昌子の五人は、昌子が痛めつけられた復讐として、番長の淳を痛めつけていたが、通りかかった体操教師の水川弘子に止められた。だが、それだけでは収まらなかった。淳は理事の息子だからだ。翌日、五人は教頭室に呼び出され、退校を命じられたが、弘子の引責退職ということで処分は“謹慎”に変更された。退職を押し止どまらせようと弘子の家を訪れた五人のスケバンたちは、弘子が結婚すると聞いてビックリ。相手は朝間財閥の息子・朝間壮一郎である。結婚の当日、弘子と壮一郎に悪戯したことで警官に捕まり、説教された五人は、弘子たちが初夜を迎える朝間家の別荘へと出かけた。彼女らの出現に、折角の初夜を二人だけで過ごせなくなった弘子と壮一郎だったが、仕方なく彼女らを招き入れた。数時間後、亜矢が悪酔いしてしまい、弘子は全員を泊らせることにした。それぞれの部屋に引きとった後、ユミ、昌子は、弘子の部屋を覗きに行った。ところが、睦言の合間に自分たちの悪口を言っているではないか。そこでユミは一計を案じた。まず、亜矢の具合いが悪い、と叫んで、部屋に様子を見に来た弘子のミゾ落ちへ、パンチを一発、彼女を押し入れの中へ入れた。そして、外では車を発車させ、あたかも弘子が医者を呼びに行ったように壮一郎に思わせた。みんなは荘一郎を誘惑しはじめた。弘子に見られては、という壮一郎の言葉に、眠っている亜矢を置いてユミたち四人は先に、木樵小屋へ出かけた。壮一郎は皆がいなくなったのを確かめて、亜矢一人が残っている部屋へと入った。眠っていた亜矢は、彼に抱きすくめられたことから目を醒まし、抵抗したものの、壮一郎に組み敷かれてしまった。その時、押入れの中に入れられていた弘子が気付き、押し入れから出て驚いた……。


解説

大人たちへ反抗する不良少女たちの、自由放奔な行動を描く。脚本は「熟れすぎた乳房 人妻」の桂千穂、監督は「(秘)大奥外伝 淫薬おんな狂乱」の近藤幸彦、撮影は「(秘)女郎責め地獄」の高村倉太郎がそれぞれ担当。


配給日活
制作国日本 (1973)
ジャンル 

1973年05月23日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
山科ゆり (Yuri Yamanashi)小柳ユミ
丘奈保美水川弘子
潤ますみ山岡亜矢
薊千露天野めぐみ
南昌子南昌子
葉月かおる森サチコ
堀弘一ボウズ
甲斐康二朝間壮一郎
清水国雄チビ
北上忠行ヤセ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック