大空のサムライ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

坂井三郎一飛曹の所属する台南航空ゼロ戦隊は、太平洋戦争開戦から四カ月後、南太平洋のラバウルへ進出した。坂井はすぐれた視力で、常に敵より先に相手を発見し、ゼロ戦得意の格闘戦に巻き込み確実に敵機を撃堕した。着任したばかりの笹井中尉が第三中隊長として初出撃し、危くスピットファイヤーに撃堕されるところを坂井に救われた。以来、笹井は坂井から実戦の厳しさと空戦の技を教えられ、名指揮官となっていった。敵の爆撃は日増しに激しくなったある日、半田飛曹長が強行偵察に出撃したが、列機の太田二飛曹を失った。同じ戦地で看護婦として働く太田の姉・幸子は、坂井についていれば安全だ、と言っていた弟を思い出して泣いた。滝一飛曹を機長とする一式陸攻が、不時着して捕虜になったことを軍令部から追求されたため、自爆しようと出撃した。坂井、笹井らが追って護衛し、無事帰還したが、逃れようもない自分たちの運命に進んで殉じようとしたのか、翌朝、再び発って帰って来なかった。やがて、坂井、笹井の名コンビは、敵機を撃墜しつづけていったそんなある日、B17との戦闘中、野村機のミスで中川機が敵の銃弾を浴びて墜落した。戦友を死なせて責任を感じた野村は、B29に体当り、一挙に二機を墜落させた。司令部はこの戦果に喜んだが、戦果に目が眩んで下士官搭乗員の命を忘れている参謀に坂井は怒りに燃えた。ガダルカナルに押し寄せた敵を爆撃に出た坂井は、途中、複座SBOドーントレス爆撃機の八機編隊に出くわし、攻撃された。重傷を負ってやっと水平飛行を保っている坂井を睡魔が襲う。スコールに突入して視界ゼロの雨中突破行。やがて、スコールを抜けるとラバウルの遠景があった。


解説

第二次大戦中、大空に自らの意地を燃やし、戦うために生きぬいた撃墜王を描いた戦争映画。原作は坂井三郎の同名の自伝。脚本は須崎勝弥、監督は「商魂一代 天下の暴れん坊」の丸山誠治、撮影は「東京湾炎上」の西垣六郎がそれぞれ担当。


配給東宝
制作国日本 (1976)
ジャンル 

1976年10月02日より



スタッフ

監督
特殊技術
脚本
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
製作協力
スチール
特技撮影
特技美術
特技照明
特技スチル
特技助監督
合成
光学撮影
石膏

キャスト

俳優名役名
藤岡弘、 (Hiroshi Fujioka)坂井三郎
志垣太郎笹井中尉
伊藤敏孝本田二飛曹
島田順司半田飛曹長
島村美樹野村一飛曹
平泉征中川一飛曹
田辺靖雄大野二飛曹
福崎和宏前田二飛曹
麿のぼる久保二飛曹
下塚誠辻井二飛曹
山本廉望月一整曹
丹波哲郎 (Tetsuro Tanba)斉藤大佐
平田昭彦大薗中佐
地井武男 (Takeo Chii)滝一飛曹
根岸一正木村二飛曹
森川利一清水二飛曹
辻萬長有川参謀
清水大敬 (Taikei Shimizu)大佐
原田君事要務士
レスター・ラタイル米軍基地高級将校
大谷直子 (Otani Naoko)本田幸子
勝部演之志賀
佐藤仁哉庄司
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック