家光と彦左と一心太助

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

元和九年の元旦。江戸城に大事件が起った。秀忠の嫡子、次代将軍の家光が毒殺されかかったのである。家光の弟忠長を偏愛する北の方が本多上野介らと組み、家光を亡きものにしようとしているのだ。家光の乳母春日局、大久保彦左衛門らはこれを憂慮した。彦左は将軍剣術指南柳生宗矩と対策をねった。彦左の一の子分魚屋の一心太助が新年の挨拶に来た。正装した太助は、家光と瓜二つだった。彦左にアイデアが浮んだ。家光と彦左の身分を入れかえるというわけである。太助は気狂いに化けた。家光も高熱のあまり頭がおかしくなったというので、太助と家光は姿を入れかえることに成功した。家光の太助は、魚河岸に行って太助の人気を知った。本多上野介につながるゴロツキどもが魚河岸の差配権を手に入れようとして暴れたが家光と十兵衛が彼らをノシた。江戸城に入りこんだ太助はトンチンカンぶりを発揮した。家光が気狂いになったと思いこんだ本多一味は、秀忠の代りに経書御講釈事始を家光がするよう願い出た。しかし、太助と家光の早がわりによって事なきをえた。長屋に戻った家光はいじめられる巳之吉を後妻の子供の次郎松が必死にかばっているのを見、弟の忠長に冷たかったわが身を反省した。その頃、太助の家光は忠長によび出され、逆心のないことを訴えられた。忠長が本多一派の陰謀を表沙汰にできないのは、一味の中に母北の方がいるからなのだ。太助は身分をうちあけ、忠長を連れて彦左邸に行き、家光と会わせた。家光、忠長は初めてお互いの気持を知った。その時、鳥居土佐の暗殺団が邸内になだれこんだ。魚河岸の連中や長屋の住人が助勢に駈けつけ、忠長は鳥居土佐を斬った。元和年六月、将軍秀忠は家光に将軍職を譲るため上洛した。


解説

「森の石松鬼より恐い」の コンビ小国英雄の脚本を、沢島忠が監督した一心太助シリーズの第四作。撮影も「森の石松鬼より恐い」の坪井誠。


配給東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年01月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)徳川家光
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)一心太助
進藤英太郎大久保彦左衛門忠教
中村嘉葎雄 (Katsuo Nakamura)徳川忠長
北竜二 (Ryuji Kita)徳川秀忠
北沢典子お仲
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)お楽
松浦築枝春日局
木暮実千代 (Michiyo Kogure)お豊
吉川博子およし
風見章子北の方
高松錦之助土井大炊助利勝
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)柳生但馬守宗矩
平幹二朗 (Mikijiro Hira)柳生十兵衛三厳
尾上鯉之助柳生又十郎宗冬
薄田研二本多上野介正純
山形勲鳥居土佐守成次
香川良介安藤対馬守重信
徳大寺伸酒井阿波守忠行
明石潮尾張大納言義直
水野浩武田道庵法印
田中春男笹尾喜内
杉狂児源兵衛
源八郎暁天堂
小森敏松造
山本順大次郎松
中村時之介三河屋平助
赤木春恵お常
星十郎伍助
長島隆一三吉
小田真士大八
中村錦司根岸平八郎
沢村宗之助加東家一家
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック