孤剣は折れず 月影一刀流

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

恩師、小野先生暗殺されるの知らせを聞いた神子上源四郎は兵法修業の旅から急ぎ江戸へ帰った。将軍家狩猟場駒場野において、小野先生逝き後柳生へ走った小野道場の四天王と遭遇、一瞬のうちに四剣士を倒した。源四郎は駒場野のはずれにある古びた屋敷を訪れ食を乞うが、応待に出た娘美音の仄白い横顔に自分と同じ孤独の影を見出した。その時、源四郎は美音の姉糸耶に襲われるが軽くかわして去った。江戸に入った源四郎は、老爺を馬蹄にかけた若衆を取り押さえた。それは将軍家の妹、加寿姫だった。その夜、源四郎は孤児の彼を育てあげた養い親松平伊豆守の屋敷を尋ね、小野先生暗殺の裏には、柳生一門と幕府大奥の癌春日局の力が動いていることを知った。更に伊豆守から春日局の暗殺を頼まれる。この時源四郎は、天井裏に潜む卍の黒兵衛という稀代の怪盗を捕えた。黒兵衛は、源四郎の人柄に惚れて家来になった。折から春日局は大奥の女中を率いて駒場野にうずら狩りを催す。源四郎より一瞬早く、局に向って糸耶が狙撃した。柳生一門に囲まれた糸耶を源四郎は青松寺に救出した。そこで、小野道場の跡を継いだ高垣弥九郎から果し合いを申し込まれ、弥九郎の片足を斬り落した。弥九郎から小野先生暗殺の下手人が柳生但馬であると教えられた源四郎は、但馬守を襲うが捕えられて牢に入れられる。その時但馬守から、下手人は風早竜馬という浪人者であることを知らされた。源四郎は、牢内で原主水というキリシタンと会い、吉原の京紅屋にいるという娘紅葉太夫に遺品の十字架を託された。その夜、黒兵衛の機智によって救出された源四郎は紅葉太夫に遺品を届けた。竜馬は源四郎に兵法者として決闘状をつきつけた。その上、黒兵衛、紅葉太夫を殺害、美音を吉原に売りとばし糸耶を人質にした。これを知った源四郎は、京紅屋から美音を身請けし竜馬との決闘の場駒場野へ向った。夜明け、木枯吹きすさぶ駒場野−−源四郎は高垣弥九郎ら小野道場の一派を斬り捨て竜馬と対決した。しかし源四郎の破邪の剣は一瞬のうちに竜馬を二つに割っていた。


解説

柴田錬三郎の『孤剣は折れず』の映画化。「つばくろ道中」の成澤昌茂が脚色し、「半七捕物帖 三つの謎」の佐々木康が監督した。撮影は「天竜母恋い笠」の鷲尾元也。


配給東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年12月11日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)神子上源四郎
徳大寺伸卍の黒兵衛
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)美音
藤田佳子糸耶
矢奈木邦二郎豊島明重
平幹二朗 (Mikijiro Hira)風早竜馬
加賀邦男高垣弥九郎
松風利栄子たづ
和崎隆太郎青木紋八郎
村居京之輔小野次郎左衛門忠明
黒川弥太郎松平伊豆守
月形龍之介柳生但馬守宗矩
楠本健二桑田謙之助
国一太郎
南方英二大館
遠山恭二那須
若井緑郎庭瀬
中村時之介酒井忠勝
毛利菊枝春日局
高松錦之助原主水
花園ひろみ紅葉太夫
植木千恵きん弥
八坂京子春川
中村錦司田中総兵衛
塩沢あき子侍女
尾形伸之介門弟
近松竜太郎用人
片岡半蔵非人
美空ひばり (Misora Hibari)加寿姫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック