わが生涯は火の如く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

辰三は大正末期の不況の最中に妻の美津を残して北海道の炭鉱に渡り、苛酷な奴隷労働に身を落した。ようやく脱出、東京へ戻った彼は、長女春代の出生を知り、親子の愛情にめざめた。その辰三に、親友の所沢巡査が消防士の職を世話した。半鐘の乱打とともにとび出し、猛火の下をかいくぐるこの危険な仕事に、辰三は男の生甲斐を見出した。まもなく生まれた長男消一、次男二郎を囲んで一家団欒の幸福な歳月が流れた。それも束の間、消一が川の深みに落ちて死んだ。日中戦争が起きた。騒然たる世相の中で、春代が愛しあっていた工員の俊郎と結ばれた。だが、まもなく俊郎は応召を受け戦地へ発った。−−昭和二十年、妻の美津は三男の高志をかばおうとして敵機の機銃掃射を浴び倒れた。俊郎戦死の公表がもたらされた。終戦、辰三は五十の坂を越していた。進駐軍の事務員として一家を支えるようになった春代は、アメリカ軍人ピーターを愛するようになった。辰三は「お前の夫やおふくろは誰に殺されたんだ……」とはげしい言葉を浴びせた。春代は家を出た。一人残された高志だけが辰三の喜びとなった。高志は消防学校に入学した。やがて卒業、高志はバーに勤める恋人節子との結婚を辰三に打ちあけた。辰三は身よりも分らない節子との結婚を許さなかった。高志のふとした手落から、キャバレーが火に包まれ、三人が焼け死ぬという事件が起きた。辰三は激しく高志を叱った。高志は節子の許に身を寄せた。小学校が猛火に包まれた日。辰三は学童を救出しようとして火だるまとなり、死んだ。それは、まったく辰三の最期にふさわしかった。


解説

「男の地平線」の甲斐久尊の脚本を、「大いなる驀進」の関川秀雄が監督した、ある消防士の人生を描いたもの。撮影は「二人だけの太陽」の星島一郎が担当している。


配給ニュー東映
制作国日本 (1961)
ジャンル 

1961年06月09日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
三國連太郎 (Rentaro Mikuni)友田辰三
長谷川裕見子友田美津
原弘子友田春代
浦野かほる友田(2〜3歳)
青木登張友田(3歳)
中野順一消一
波木井健二二郎
江原真二郎高志
島一男友田(6歳)
大場健二友田(8〜9歳)
中山昭二所沢
今井俊二俊郎
森田秦生友田(12歳)
並木一路署長(前半)
永田靖署長(後半)
須藤健加納曹長
加藤嘉警察の調べ官
小笠原慶子節子
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)俊郎の父
不忍郷子俊郎の母
相馬剛三
金井大小頭A
萩原正勝小頭B
室田日出男小頭C
小島一郎向井
辰巳敏久鈴木
轟謙二辰三の同僚A
佐原広二辰三の同僚B
秋山敏消防士A
大東良消防士B
菅沼正消防学校教官
南川直乗務員
北山達也士長
小野良キャバレーの用心棒
岩城力也キャバレーのマスター
山本緑小学校の教員
潮健児やくざA
高石義明やくざB
鈴木暁子火事場の女
打越正八洋品店のおやじ
牧野内とみ子玩具店の女店員
沢彰謙地廻りの男A
長崎琢地廻りの男B
小畑街子辻占売りの少女
山本桂子パンパンガール
田沢幸男ケーシー
滝川潤所沢を刺す少年
森裕二バーテン
田川恒夫指令室の係員
谷本小夜子近所のおかみさん
草刈好子少女
斎藤紫香 (Shiko Saito)診療所の医師
石川秀道警察病院の医師
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック