盛り場ブルース

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

銀座にあるクラブ“麗”の渉外部長高見は、流しをしている信一の紹介で、かおりをホステスとして雇った。かおりは美人である上に独身というふれ込みで、鼻下長族の引っ張凧だった。一方プレイボーイの高見は、バー“ランボー”のママ朝子と関係をもっていたが、かおりのことが気になり毎日ヤキモキしていた。他方、客の建設会社社長岡林もかおりが欲しいあまり四十万円もするダイヤの指輪を彼女に贈り、“麗”の社長中田にも仲介を頼んだ。中田は、高見に新開店のバーを任せるという条件でその斡旋を頼んだ。高見にとっては、厳しい仕事だったが、岡林と寝るかそれとも店をやめるかとかおりに迫った。ところが、かおりにはホステスをやめられぬ事情があった。彼女には医学生の夫があり、彼の学資を稼がねばならないのだ。それを知った高見は、牧野にダイヤの代金四十万円の返却を迫った。そんな牧野を救ったのは朝子だった。朝子はカネをたてかえ、さらに彼をアパートに誘った。一方、高見は岡林から六十万円を巻上げた後、かおりを朝子のアパートヘ連れてきた。そこでかおりは、朝子と牧野の情事を見せつけられ愕然とした。修一の唄う“盛り場ブルース”が切なく流れる夜だった。絶望に暮れるかおりは翌日、箱根で岡林と情事を結ぶと、東京から姿を消してしまった。そこで高見は、かおりの弟信一を“顔”の専属歌手に雇い、彼女の居所を吐かせた。かおりは仙台のバーで働いていたが、高見に東京へ連れ戻される途中、列車から投身自殺を企てた。だが次の一瞬、高見に助けられ、やがて二人は結婚の約束を交した。翌日、高見は会社を辞めたが、中田の手下に暴行された。そして朝子との関係をも切ったが、その直後、牧野に刺され救急病院に運ばれた。というのは、朝子が高見に捨てられた腹いせにかつて高見が仕組んだ罠をばらしたからだ。朝子に牧野を誘惑させ、情事を演出したのは高見だったのだ。やがて、かおりは仙台に下り荒んだ生活に身をやつすようになった。だが、病院から脱け出した高見が、再び彼女の前に姿をあらわした。高見は、あくまでも、かおりにつきまとうのだった。


解説

「喜劇 初詣列車」の舟橋和郎が脚本を執筆し、「可愛いくて凄い女」の小西通雄が監督した風俗もの。撮影は「密告 (たれこみ)」の飯村雅彦。


配給東映
制作国日本 (1968)
ジャンル 

1968年08月01日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)高見啓一
野川由美子 (Nogawa Yumiko)三宅かおり
森進一三宅信一
金子信雄 (Nobuo Kaneko)岡林
桑山正一三木
桜井センリ結城
蜷川幸雄牧野吾一
白木マリ朝子
小松方正中田
仙波和夫藤森
北川恵一間瀬
安城由貴子シナ子
萩玲子ハルミ
小磯マリゆかり
藤田千賀子晶子
大泉滉小林
小林稔侍 (Nenji Kobayashi)丸山
佐藤晟也運転手
杉義一宝石店支配人
中村是好飲屋の親爺
山内修社員
日尾孝司社員
土山登志幸社員
木川哲也社員
南風夕子ママ
晴乃チック新太郎
晴乃タック勇次郎
人見きよし山崎
相馬剛三旅館の番頭
久保一刑事A
大塚房一刑事B
山本保看護婦
山田早一管理人
小山ルミ花売娘
木村修事務員
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック